相続した土地が売れない理由は?売れない土地を相続した際の対処法を解説!

2023-07-18

相続した土地が売れない理由は?売れない土地を相続した際の対処法を解説!

土地を相続したものの、なかなか売れずに困っている方も多くいらっしゃると思います。
なぜ相続した土地が売れないのか、また売れない土地を持ち続けることにはどのようなリスクがあるのかを知れば、売却を成功させやすくなるはずです。
今回は、相続した土地が売れない理由、売れない土地を持ち続けるとどうなるか、売れない土地を相続したときの対処法を解説します。

\お気軽にご相談ください!/

相続した土地が売れない理由とは?

土地の立地や周辺環境が魅力的でない場合には土地の売却がむずかしくなります。
たとえば、交通の便が悪かったり、商業施設や公共施設へのアクセスが不便であったりするエリアであれば、買い手が付きにくくなります。
また、形状が歪な場合も使用用途が限られてしまうため、売れない土地となってしまうケースが少なくありません。
地盤の強度に問題がある土地も、建物の安定性や耐震性に不安が生じるため、購入を敬遠される傾向にあります。
これは、土砂災害や水害が予想される土地である場合も同様です。

▼この記事も読まれています
相続登記とは?経費にできる相続登記の費用や注意点もご紹介!

\お気軽にご相談ください!/

相続した売れない土地を持ち続けるとどうなる?

相続した売れない土地を所有している期間中は、固定資産税の納付義務を負います。
税額は土地の評価額に応じて増減しますが、売れない土地であっても固定資産税が免除されることはありません。
土地の管理が不十分な場合は自然災害や近隣住民とのトラブルが発生する可能性もあります。
とくに、老朽化した建物が残っている場合には、トラブルを防ぐためにお金と手間を掛けてメンテナンスを続ける必要があります。
また、建物が犯罪などに利用されてしまうケースもあるため注意しなければなりません。

▼この記事も読まれています
不動産売却における譲渡損失とは?利用可能な特例や確定申告の流れを解説

\お気軽にご相談ください!/

売れない土地を相続したときの対処法

所有する土地の魅力をアピールしたり、デメリットを解消したりできれば売却できるケースがあります。
売却方針や価格設定については、不動産会社などの専門家に相談するようにしましょう。
どうしても売却がむずかしい場合には、土地を寄付する選択肢もあります。
隣地の所有者や太陽光発電などを検討している方などであれば、受け取ってもらえる可能性も十分に考えられます。
売却や寄付がむずかしい場合には、相続放棄も検討しましょう。
ただし、相続放棄では資産価値のあるものだけ相続して、売れない土地だけ放棄することはできないので注意しましょう。

▼この記事も読まれています
相続の際に行う遺産分割協議とは?トラブルや解決策もご紹介

まとめ

相続した土地が売れない理由には、土地の立地や周辺環境が魅力的でないことが第一に挙げられます。
土地がなかなか売れないと、売れるまで固定資産税の納付義務を負うほか、自然災害や近隣住民とのトラブルが発生する可能性もあります
相続した土地が売れない場合は、できるだけ早く不動産会社に相談することをおすすめします。
茂原市や房総半島エリアの不動産売却のことならエヌ・ビー・ホーム株式会社へ。
地域密着で住居、空家、土地の無料査定を行っております。
30年の実績と経験でお客様のお悩み解決のお手伝いをいたしますので、ぜひお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

08008081166

営業時間
9:00~18:00
定休日
毎週火曜日

売却査定

お問い合わせ