相続の際に行う遺産分割協議とは?トラブルや解決策もご紹介

2023-02-14

相続の際に行う遺産分割協議とは?トラブルや解決策もご紹介

親の死などによって受け継ぐ財産が発生した場合、複数人で公平に分け合うための話し合いが必要です。
その際、具体的にどのように話し合いを進めていけばよ良いのか、あまり理解できていないという方も少なくないことでしょう。
そこでこちらの記事では、遺産を分けるための話し合いである遺産分割協議とはどのようなことか、トラブルやトラブルの解決策についてもご紹介していきます。

\お気軽にご相談ください!/

遺産分割協議とは?概要と具体的な進め方をご紹介

遺産分割協議とは、複数人いる相続人同士で引き継ぐ遺産の割合を決めたり分け方を決めたりするための話し合いをすることです。
故人が遺言を残していない場合は民法に従った割合で分けることになりますが、全員の合意があれば法定相続分や遺言と違う分け方をすることも可能です。
遺産分割協議では、遺産を受け継ぐ人物全員が合意をする必要があり、もしも行方不明の方がいたり隠し子がいたりして合意を得ていない場合は、決めた内容が無効になります。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

相続のための遺産分割協議で起きやすいトラブル

相続する遺産の分け方を決めるための遺産分割協議で起きやすいトラブルには、次のようなものがあります。
財産が故人のものであるかどうか遺産の範囲を確定する場合や、遺産が明確に分からない場合などは問題が起きやすいため注意が必要です。
また、不動産のように簡単に分けることができない遺産の場合、現物分割、代償分割、換価分割、共有分割の4つの方法があります。
このうちのどの分轄方法にするかどうかで、問題が発生することがあります。
不動産を受け継ぐ際には、該当する不動産の評価方法によって相続人それぞれの受け取る額が異なるため、もめることが少なくありません。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

遺産分割協議をおこなう際のトラブル対処法と解決策

遺産分割協議で相続人同士が争ったり問題が起きたりした際の対処法と解決策について、解説していきましょう。
話し合いがまとまらない場合、遺産分割調停を家庭裁判所でおこなうことが一般的な解決策ですが、このような状態になると争いが長期化し、手間や時間もかかります。
いちばん大切なのは、問題にならないよう相続が起きる前にあらかじめ遺産分割について話し合っておくことです。
また、被相続人が遺言書を残し、さらに遺言執行者を指定することでトラブル回避に役立てることができます。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

遺産分割協議とは、複数人いる相続人が遺産の分け方について話し合いをすることです。
話し合いによって必ずしも全員が合意するとは限らず、もめ事や問題が発生することも少なくありません。
可能な限り、相続発生前から話し合いをするようにして円満に決められるようにしたいものです。
私たち「エヌビーホーム」は、千葉県外房エリア(茂原市、大網白里市、東金市、いすみ市)を中心に不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ご検討中の方はぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

08008081166

営業時間
9:00~18:00
定休日
毎週火曜日

売却査定

お問い合わせ