不動産売却における買取保証とは?メリットや条件も解説

2024-02-13

買取

不動産売却における買取保証とは?メリットや条件も解説

土地・家などを売りたいと検討している方にとって、希望に近い額で購入してくれる買主がスムーズに見つかるかどうかは大きな不安のひとつでしょう。
そのような不安を抱えている方は、売れなかった場合の対策についても把握しておくと安心です。
ここでは不動産売却を検討している方に向けて、買取保証とはどのようなものか、利用するメリットや条件とあわせて解説します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の方法のひとつ買取保証とは?

所有する土地や家を売却する際、不動産会社に仲介を依頼して買主を探してもらうのが一般的です。
ちなみに物件を売る際の契約には、販売活動をおこなってもらう仲介と最初から業者が購入する買取の2つの方法があります。
買取保証とは、仲介依頼後定められた期間内に物件が売れなかったときに、前もって決めておいた額で不動産会社が買い取ってくれる方法です。
この場合、買主は一般の人でなく仲介依頼した業者になり、必ず物件が売れると保証されています。
この方法は仲介と買取の両方の良いところを合わせた点が特徴です。

▼この記事も読まれています
3階建てが売却しにくい理由は?売却するときのポイントを解説!

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の際に買取保証を利用するメリット

物件を売却する際に買取保証を利用するメリットの1つ目は、販売活動をおこなう期限を設定しており、期限を過ぎても買主が現れない場合に買い取ってもらえる点です。
売れ残るリスクがなく、引渡しの時期が明確に決まっているため、スケジュールを立てやすいのも魅力です。
また、一般の方に売れた際に業者に支払う仲介手数料が、業者に買い取ってもらう際には不要になるのが2つ目のメリットで、コストの節約に役立ちます。
3つ目のメリットは、売った物件に瑕疵が見つかった際に発生する契約不適合責任が、業者相手の場合は発生しないため、損害賠償請求の心配がいりません。

▼この記事も読まれています
ハウスメーカーの建てた家は売却しやすい?重視されるポイントも解説!

\お気軽にご相談ください!/

不動産の売却時に買取保証利用できる条件

不動産売却の際には業者と契約を結ばなければならず、一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約の3種類があります。
この3種類のうち買取保証を利用するためには、不動産会社との媒介契約で専属専任媒介契約を結ぶのが条件です。
専属専任媒介契約とは、買主を個人で探してはいけない、契約を結べる業者は1社のみの比較的厳しい内容の契約となります。
もうひとつの利用条件は、売却を検討している不動産に需要が見込める要素がある点です。
たとえば、専有面積40㎡以下の物件や住む人の少ない地域の物件、また、旧耐震基準の物件などは需要が少ないため、この方法を利用できない可能性があります。

▼この記事も読まれています
一戸建て住宅は売るべき?貸すべき?それぞれのメリットとデメリットを解説

まとめ

買取保証とは、不動産の購入者探しを業者に依頼し一定の期間売れなかったときに、業者があらかじめ決めておいた価格で買い取ってくれる方法です。
売れ残るリスクがなく、コストの節約に役立つなどメリットが多い方法ですが、満たさなければならない条件もある点を考慮しておきましょう。
茂原市や房総半島エリアの不動産売却のことならエヌ・ビー・ホーム株式会社へ。
地域密着で住居、空家、土地の無料査定を行っております。
30年の実績と経験でお客様のお悩み解決のお手伝いをいたしますので、ぜひお問い合わせください。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

08008081166

営業時間
9:00~18:00
定休日
毎週火曜日

関連記事

売却査定

お問い合わせ