一戸建て住宅は売るべき?貸すべき?それぞれのメリットとデメリットを解説

2023-03-14

一戸建て住宅は売るべき?貸すべき?それぞれのメリットとデメリットを解説

所有している不動産を活用して現金を得る手段としては、売却がひとつの選択肢です。
しかし物件によっては、賃貸物件として活用したほうが収入が得られるケースも少なくありません。
そこで今回は一戸建て住宅を売った場合と貸した場合について、それぞれのメリット・デメリットを解説します。
収支の計算方法についても触れるので、売却と賃貸で悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

一戸建て住宅は売るのと貸すのどっちがおすすめ?

一戸建て物件の売却と賃貸には、後述するようにそれぞれのメリット・デメリットが存在します。
そのため、どちらがおすすめなのか資金計画や物件の状態によって変わってくるでしょう。
なるべく早くまとまった現金がほしい場合や、物件の維持管理費用を負担したくない場合は売却が向いています。
一方で、物件自体に強い思い入れがある場合や家賃収入による長期的な収入を得たい場合は、賃貸物件として貸し出すほうが向いているでしょう。
とくに賃貸需要が高い地域であれば、売るより貸すほうが総合的なメリットは大きくなります。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

一戸建て住宅を売る場合と貸す場合のメリット・デメリット

一戸建て住宅を売却する大きなメリットは、短期間でまとまった資金が手に入る点です。
また、固定資産税などの継続的な出費、管理の手間も必要なくなります。
一方で、家を手放さなければいけないことは、場合によってはデメリットにもなるでしょう。
売却してしまえば当然所有権を手放すことになり、資産として相続もできません。
賃貸物件として貸し出す場合は、手元に資産を残したままで継続的な家賃収入が得られる点が大きなメリットです。
ただし、売却の場合と異なり固定資産税や維持管理費用は払い続けることになります。
賃貸物件の所有者には修繕義務が生じるため、何かしらの問題が発生した場合は適宜対応しなくてはいけません。
また、入居者の数に収入が左右されるため、空室が増えた場合には収支がマイナスになる可能性もあるでしょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

一戸建て住宅を売る場合と貸す場合の収支シミュレーション

一戸建て住宅を売却するか貸し出すかで悩んだ際は、収支をシミュレーションしてみると良いでしょう。
売却の場合は予想される売却額や仲介手数料などの諸費用、税金などを考慮し、最終的な収支を計算します。
譲渡所得にかかる税金を計算する際は、3,000万円特別控除についても忘れないようにしましょう。
一戸建て住宅を貸し出す場合は家賃、維持管理費用、各種税金、保険料などを用いて収支をシミュレーションします。
家賃以外にも礼金や共益費といった収入がある一方で支出も多いため、計算してみると思ったほど収益が出ない場合もあるでしょう。
どちらの場合も、しっかり査定を受けて売却相場や家賃相場を把握することが大切です。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

一戸建て住宅を売るべきか貸すべきか悩んだ際は、長期的な視点を持ちそれぞれのメリットとデメリットを比較することが大切です。
自身の置かれている環境や物件の状態も変化することを考慮したうえで、どちらがより適切な活用方法なのかをしっかり考えましょう。
私たち「エヌビーホーム」は、千葉県外房エリア(茂原市、大網白里市、東金市、いすみ市)を中心に不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ご検討中の方はぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

08008081166

営業時間
9:00~18:00
定休日
毎週火曜日

売却査定

お問い合わせ