ハウスメーカーの建てた家は売却しやすい?重視されるポイントも解説!

2023-06-20

ハウスメーカーの建てた家は売却しやすい?重視されるポイントも解説!

不動産売却においては、建築した施工会社についてチェックされるケースも多いです。
ハウスメーカーも施工会社のひとつですが、実際のところどのような特徴があるのか、よくわからない方もいるのではないでしょうか。
そこで今回はハウスメーカーとは何か、ハウスメーカーが建てた家が売却しやすい理由や重視されるポイントも含み解説します。
不動産の売却を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

家の売却にあたり知っておきたい!ハウスメーカーとは

ハウスメーカーについて明確な定義があるわけではなく、広義では単独の都道府県ではなく、全国各地で家を建築・販売している企業の総称とされています。
一般的にハウスメーカーというと、家を建てる際に必要なパーツや部材を工場で画一的に生産し、安定した品質の家を効率的に建築できるシステムを用いた住宅会社を指すことが多いです。
なお、ハウスメーカーでは、注文住宅・規格住宅・建売住宅の3種類の家が建てられます。
注文住宅は設計からデザイン、構造などをすべて施主の希望に沿って建てるもので、規格住宅はある程度決まった間取りやデザインから選んで組み合わせるものです。
そして、建売住宅はハウスメーカーが設計して建築したものを指します。

\お気軽にご相談ください!/

ハウスメーカーの建てた家が売却しやすい理由とは

ハウスメーカーの建てた家が売却しやすい理由は、まず技術力の高さです。
構造や工法の計算が綿密におこなわれ、建築資材も規格化されているハウスメーカーは、性能の優れた住宅を高い技術力で建築でき、品質も安定しています。
また、デザイン性が高い点も人気の理由です。
デザイン・設計は専門のデザイナーがおこなうので、流行を取り入れたデザイン性に優れた家の建築が可能になっています。
さらに、ハウスメーカーでは長期保証制度が設けられているケースも多く、アフターサービスが充実しているのも特徴です。

\お気軽にご相談ください!/

ハウスメーカーの家を売却する際に重視されるポイント

家の構造・工法は、売却で重視されやすいポイントといえます。
構造は建材の種類、工法は建て方で、構造や工法の違いが資産価値に与える影響は大きいです。
また、メンテナンスによっても資産価値が変化するため、適切な点検・修繕工事が実施されているかをチェックされることも多いでしょう。
ハウスメーカーであれば、アフターメンテナンスが充実しているので、資産価値が下がりにくい特徴があります。
ほかに、リフォームを実施している場合には、もともとの設備やインテリアの雰囲気に合ったリフォームかどうかも重視されます。

まとめ

以上、ハウスメーカーの建てた家の売却について解説しました。
建築のパーツや部材が規格化され、安定的・効率的に家を建てられるハウスメーカーは、高い技術力やデザイン性が魅力です。
売却においては、構造・工法やメンテナンス状況のほか、リフォームの内容も重視されやすいポイントです。
茂原市の不動産売却のことならエヌビーホームお任せ
地域密着で住居、空家、土地の無料査定を行っております。
30年の実績と経験でお客様のお悩み解決のお手伝いをいたしますので、ぜひお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

08008081166

営業時間
9:00~18:00
定休日
毎週火曜日

売却査定

お問い合わせ