3階建てが売却しにくい理由は?売却するときのポイントを解説!

2023-06-27

3階建てが売却しにくい理由は?売却するときのポイントを解説!

不動産の売却を検討している方のなかには「3階建ての家は売却がむずかしい」と聞いて不安に思う方もいらっしゃるでしょう。
3階建ての家をスムーズに売却するためには、いくつかのポイントを押さえておかなければなりません。
今回は、3階建ての家の特徴、3階建ての家が売却しにくい理由、売却するときのポイントを解説します。

\お気軽にご相談ください!/

3階建ての家の特徴を知っておこう!

3階建ての家は、駅の周辺など建物が密集しているエリアでよく見られます。
駅の周辺は商業系の用途地域に指定される傾向にあり、住宅用の広い土地を購入することは困難です。
そのため、土地面積が狭くても、広い延べ床面積を確保できる3階建ての家が建てられる傾向にあるのです。
また、商業系の用途地域に指定されているエリアは斜線制限が緩いため、高さのある建物を建てやすいことも理由に挙げられます。

\お気軽にご相談ください!/

3階建ての家が売却しにくい理由とは?

3階建ての家が売却しにくいといわれるのは、階段での移動が大変であることが大きな理由のひとつです。
とくに、小さなお子さまや高齢者、体の不自由な方がいるご家庭にとって、階段での移動はリスクが高いため敬遠されてしまいがちです。
また、メンテナンスやリフォーム費用が高くなる傾向にあることも理由に挙げられます。
3階建ての家は、平屋や2階建てと比べると資材や工具を搬入する手間がかかるため、メンテナンスやリフォーム費用がどうしても高くなってしまいます。
さらに、地震の多い日本において「高さがある建物は地震に弱い」と考える方が少なくありません。
このように、3階建てならではのデメリットが大きく、ターゲットが限定的になり売却がむずかしくなってしまうのです。

\お気軽にご相談ください!/

3階建ての家を売却するときのポイント!

3階建ての家をスムーズに売却するためには、ホームエレベーターの設置を検討しましょう。
階段での移動が大変であるというデメリットを解消すれば、小さなお子さまや高齢者、体の不自由な方がいるご家庭もターゲット層に取り込める可能性が高くなります。
耐震診断を実施することも大切なポイントです。
3階建てはどうしても「地震に弱い」というイメージを持たれやすいため、耐震診断を実施して強度に問題がないことをアピールできれば、購入希望者が安心し売却につながる可能性が高くなります。
また、立地条件が良い3階建ての家であれば、事業用として売り出せないかも検討すると良いでしょう。

まとめ

今回は、3階建ての家の特徴、3階建ての家が売却しにくい理由、売却するときのポイントを解説しました。
3階建ての家をスムーズに売却するためには、デメリットを上手に解決してあげましょう。
また、信頼できる不動産会社をパートナーに選ぶことも大切です。
茂原市の不動産売却のことならエヌビーホームお任せ
地域密着で住居、空家、土地の無料査定を行っております。
30年の実績と経験でお客様のお悩み解決のお手伝いをいたしますので、ぜひお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

08008081166

営業時間
9:00~18:00
定休日
毎週火曜日

売却査定

お問い合わせ