近隣トラブルは不動産売却に影響する?そのまま売却するリスクとは

2024-01-30

空き家

近隣トラブルは不動産売却に影響する?そのまま売却するリスクとは

不動産を売却する際、該当の物件周辺で近隣トラブルが発生している場合もあるでしょう。
近隣トラブルは解決が難しいためなるべく触れたくないと感じている方が多いものの、そのまま売却するにはリスクが高いです。
今回は、近隣トラブルを抱えた不動産を売却する際に告知義務はあるのか、トラブルを解決せず手放すリスク、該当の物件を売却する方法についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産の近隣トラブルは売却時に告知義務がある

騒音やゴミ屋敷、境界線に関する争いなど、近隣トラブルにはさまざまな種類があります。
これらのトラブルは不動産に対する環境的瑕疵と呼ばれ、該当物件の所有者にとっては大きなストレス源です。
このようなトラブルを抱えた物件を売却する際は告知義務が発生するため、買主の方への告知が必要になります。
正直に伝えて売れなくなることを恐れ、告知せずに売却するとあとから契約不適合責任を問われ、賠償請求を受ける可能性が高いです。
原則として近隣トラブルは解決してから売却したほうが良いですが、難しい場合はその旨も併せて買主の方に伝えるようにしましょう。

▼この記事も読まれています
3階建てが売却しにくい理由は?売却するときのポイントを解説!

\お気軽にご相談ください!/

近隣トラブルをそのままにして不動産を売却するリスク

近隣トラブルのような環境的瑕疵がある物件は、売却価格が相場より低くなります。
つまり、トラブルを解決せずに売却する場合はあまり高く売却できないことを覚悟しておかなければなりません。
その場合の減額幅はその物件が抱えるトラブルの内容や程度、解決の難しさなどによって異なります。
買主の価値観によっても変動するため、まったく気にしない方もいれば大幅な値下げを要求する方もいるでしょう。
減額を最小限に抑えたい場合は前者の買主を探す必要がありますが、売却活動が長期化する可能性が高いです。

▼この記事も読まれています
ハウスメーカーの建てた家は売却しやすい?重視されるポイントも解説!

\お気軽にご相談ください!/

近隣トラブルを解決せず不動産を売却する方法

不動産を売却する際は、警察などにに相談して近隣トラブルを解決してからのほうが良いです。
しかし、個人の力でできることは限られているため解決できないことも多々あります。
近隣トラブルを解決できなかった不動産を売却したい場合は、個人に売却するのではなく買取業者に依頼する方法がおすすめです。
業者による買取の場合は価格が相場より下がるものの、契約不適合責任に問われなくなるためスムーズに売却できます。
とくに、訳アリ物件の取引実績がある専門業者に買取を依頼するのが好ましいです。
そのような業者は買い取った物件の活用方法を熟知しているため、積極的に買い取ってもらえる可能性が高いです。

▼この記事も読まれています
一戸建て住宅は売るべき?貸すべき?それぞれのメリットとデメリットを解説

まとめ

近隣トラブルを抱えた物件はそのまま売却できますが、価格は相場から下がってしまう場合が多いです。
また、進んで購入する買主は少ないため売却活動が長期化する可能性があります。
訳アリ物件専門の買取業者を選んで買取を依頼するのがおすすめです。
茂原市や房総半島エリアの不動産売却のことならエヌ・ビー・ホーム株式会社へ。
地域密着で住居、空家、土地の無料査定を行っております。
30年の実績と経験でお客様のお悩み解決のお手伝いをいたしますので、ぜひお問い合わせください。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

08008081166

営業時間
9:00~18:00
定休日
毎週火曜日

関連記事

売却査定

お問い合わせ