空き家を売りたいときはそのまま?更地?費用についてもご紹介

2022-05-31

空き家

空き家を売りたいときはそのまま?更地?費用についてもご紹介

保有している不動産が空き家の場合、維持費もかかるため売却を考えている方も多いかと思います。
空き家を売却する場合は、状況に応じてどのように売るかを明確にすることが大切です。
そこで、今回は空き家を売りたいときの対処法についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

空き家をそのままの状態で売りたいときは?

空き家をそのままの状態で売るときは、リノベーション向けの物件であればおすすめです。
最近では、古民家のリノベーションができるようになり古い家でも買い手がつくことがあります。
空き家を解体する必要もないため、解体費用もかかりません。
ただし、リノベーション向けに販売しないと、空き家は売れにくい傾向があります。
費用をかけたくない場合やリノベーション向けの場合におすすめの方法です。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

空き家を更地にして売りたいときは?

空き家を更地の状態にすると、一般的には買い手が付く可能性が高くなります。
理由としては、新居を考えている方にとっては土地だけのほうが全体の大きさをイメージしやすいからです。
新築工事もすぐにできるため、買い手は多くなります。
ただし、更地にするには解体費用としてある程度の金額が必要です。
また、空き家がある場合と比べて固定資産税も高くなります。
長期間保有すると維持費が大変なため、なるべく早めの売却を検討しましょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

空き家を売りたい!かかる費用は?

空き家を売るときには、以下の費用がかかってきます。

  • 解体費用
  • 仲介手数料
  • 相続登記費用
  • 譲渡所得税

解体費用以外は、空き家の保有年数や売却価格によって変化します。
解体費用は、大きさにもよりますが平均100万円程度はかかるとみておいたほうが安心です。

売りたいときに使える税金の特例や空き家の解体に使える補助金とは?

空き家を売るときには、できるだけ特例や補助金を使い売却を進めましょう。
空き家の状態で売却する場合は、被相続人の居住用財産(空き家)にかかる譲渡所得の特別控除の特例があります。
これにより、譲渡所得税が控除されるため、支払う税金が少なくなります。
また、更地にしてしまう場合には各市町村の空き家解体補助金を活用しましょう。
各市町村によって内容が違うので、条件を満たしているかどうか各市町村のホームページで確認しておくのがおすすめです。
条件さえそろえば、解体の補助金を受け取れる場合があります。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

空き家を売る方法はいくつかありますが、状況によって売却方法を考えましょう。
それ以外にも売却で困ることがあれば、弊社でもご相談を受け付けていますのでご利用ください。
私たち「エヌビーホーム」は、千葉県外房エリアを中心に不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ご検討中の方はぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

08008081166

営業時間
9:00~18:00
定休日
毎週火曜日

関連記事

売却査定

お問い合わせ