不動産売却にかかる仲介手数料とは?計算方法についてもご紹介

2022-05-31

不動産売却にかかる仲介手数料とは?計算方法についてもご紹介

不動産売却を考えたときに、思い浮かぶのが仲介手数料です。
取引価格によって仲介手数料は変化するので、仲介手数料を知ることで売却にかかる費用が想定しやすくなるでしょう。
今回は、仲介手数料の概要と計算方法についてもご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却で支払う仲介手数料とは?

仲介手数料とは、不動産の売買が成功した際に不動産会社に支払う報酬のことです。
売却を依頼したら支払わなくてはならないとお思いの方もおられますが、実は売買が成功するまでは支払わなくて良いのです。
そのため、売買契約が成立するまでは支払いは発生しません。
仲介手数料は成功報酬であることがポイントです。

仲介手数料はどのようなときにかかるの?ケースごとにご紹介

不動産の売却方法はさまざまあるため、仲介手数料がかかる場合とかからない場合があります。
代表的な3つのケースに分けてご紹介します。
個人間のやり取りの場合
仲介する不動産会社がいない場合のやり取りは、仲介手数料は発生しません。
その代わり契約のトラブルが起きた場合には、自分たちで対処しなければいけないことも頭に置いておきましょう。
買取の場合
不動産会社が不動産を買い取る場合も、仲介手数料は発生しません。
その代わり、通常の売却に比べて買取価格が低くなる傾向があります。
どうしても早く売却したい場合には、おすすめの方法です。
仲介の場合
不動産会社に仲介してもらう場合には、ほとんどのケースで仲介手数料が発生します。
仲介手数料が無料の会社もありますが、基本的には支払うものであることを知っておきましょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産の仲介手数料の計算方法とは?

不動産の仲介手数料は計算方法に当てはめて計算することができます。
仲介手数料は不動産の取引価格によって変化するので、相場はありません。
相場がないため、以下の計算式でおおよその仲介手数料を判断します。
仲介手数料=(売買価格×3%)+6万円+消費税
仲介手数料の上限は、宅地建物取引業法によって決められています。
この計算式に売買価格を当てはめることで、仲介手数料の上限がわかります。
仲介手数料は広告や売却活動に必要な費用ですので、あらかじめ用意しておきましょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

仲介手数料は、不動産売却に関わる大切な費用です。
計算をして、どれくらいの仲介手数料になるかを把握しておくのが良いでしょう。
私たち「エヌビーホーム」は、千葉県外房エリアを中心に不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ご検討中の方はぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

08008081166

営業時間
9:00~18:00
定休日
毎週火曜日

売却査定

お問い合わせ