賃貸併用住宅とは?売却しにくい理由やコツをご紹介!

2023-12-19

空き家

賃貸併用住宅とは?売却しにくい理由やコツをご紹介!

土地活用にはさまざまな方法がありますが、賃貸併用住宅にするのもおすすめです。
しかし、賃貸併用住宅の特徴をしっかりと把握しておかないと、売却時に手こずってしまうかもしれません。
そこで今回は、賃貸併用住宅とは何か、売却しにくい理由やコツをご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却で知っておきたい「賃貸併用住宅」とは何か

賃貸併用住宅とは、一つの建物に所有者の自宅と賃貸住宅が共存している不動産のことです。
自宅に住みながら家賃収入を得られるため、毎月の出費を和らげるメリットがあります。
住宅ローン対策にもなりますが、賃貸併用住宅を活用するには「自宅面積が総面積の50%以上であること」が条件です。
このようなことから、賃貸する部分が全体の半分以上を占めている場合には賃貸併用住宅と判断されません。
金融機関から融資を受けるのも困難になるため、スムーズな土地活用ができなくなる可能性が高いです。

▼この記事も読まれています
3階建てが売却しにくい理由は?売却するときのポイントを解説!

\お気軽にご相談ください!/

賃貸併用住宅が売却しにくい理由とは

賃貸併用住宅が売却しにくい理由には、投資効率が悪いことが挙げられます。
自宅部分は収益を生まないため、通常の賃貸物件より少ない利益しか得られません。
空室リスクも付いてくるので、経営状況によっては住宅ローンが返済できない可能性もあります。
資金に余裕がない場合は貯金を切り崩して返済しなければならないため、購入を敬遠されがちです。
また、賃貸併用住宅を売却できるマーケットが限られる特徴もあります。
通常の賃貸物件と同じような金額で売りに出してしまうと、なかなか買い手が付かないでしょう。
早期売却をしたいなら、売り出し価格を低めに設定するなど工夫が必要です。

▼この記事も読まれています
ハウスメーカーの建てた家は売却しやすい?重視されるポイントも解説!

\お気軽にご相談ください!/

賃貸併用住宅をスムーズに売却するコツ

賃貸併用住宅を購入する方の多くは投資目的であるため、経営のハードルを下げると良いでしょう。
周辺地域の競合物件リストを作成し、収益性が保たれるか証明することをおすすめします。
さらに、自宅向けに購入する方には、インスペクションを実施しておくのもスムーズに売るコツです。
売却前にリフォームや修繕履歴を明記しておけば、引き渡し後のトラブルも防止できます。

▼この記事も読まれています
一戸建て住宅は売るべき?貸すべき?それぞれのメリットとデメリットを解説

まとめ

賃貸併用住宅とは、一つの建物に所有者の自宅と賃貸物件がある住宅のことです。
このような不動産が売却しにくい理由には、投資効率が悪いところやマーケットが限られるところにあります。
スムーズに売却するには、競合物件リストを作成したりインスペクションを実施したりすると良いでしょう。
茂原市や房総半島エリアの不動産売却のことならエヌ・ビー・ホーム株式会社へ。
地域密着で住居、空家、土地の無料査定を行っております。
30年の実績と経験でお客様のお悩み解決のお手伝いをいたしますので、ぜひお問い合わせください。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

08008081166

営業時間
9:00~18:00
定休日
毎週火曜日

関連記事

売却査定

お問い合わせ