築10年の一戸建てを売却するコツと注意点とは?価格の相場も解説!

2023-12-13

空き家

築10年の一戸建てを売却するコツと注意点とは?価格の相場も解説!

一戸建ての売却において、築年数は重視されやすいポイントのひとつです。
そのため、売却活動にあたっては、築年数に応じた取り組み方を考える必要があります。
今回は、築10年の一戸建てを売却するケースについて、売却価格の相場や売却のコツ、注意点を解説します。
一戸建ての売却をお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

築10年の一戸建ての売却相場とは

築10年の一戸建ては、住宅の耐用年数から見れば居住に問題のない築年数ですが、売却価格の相場は新築時の50%ほどまで落ち込みます。
これは、建物の価値が築年数の経過とともに減少していくのが理由です。
一戸建ての売却では、土地と建物を分けて考える必要があります。
土地は築年数の影響を受けないので価格に変化はありませんが、建物は築年数が古くなるにつれて価値が下落するのが一般的です。
つまり、一戸建てをできるだけ高く売りたいのであれば、築年数の浅いうちに売却を検討するのが良いと言えます。

▼この記事も読まれています
3階建てが売却しにくい理由は?売却するときのポイントを解説!

\お気軽にご相談ください!/

築10年の一戸建てを売却するコツとは

築10年の一戸建てを売却するコツは、まず売り出し価格を少し高めに設定する点です。
不動産売却では値下げ交渉を持ち掛けられるケースが多いので、値下げしても利益が出せるよう、売り出し時点で価格を少し高めにしておくと良いでしょう。
ただし、高すぎるとそもそも購入希望者が集まらない可能性があるので、適切な価格設定の範囲を意識するのが大切です。
また、内覧対策を念入りにおこなうのもコツと言えます。
内覧での印象を良くするためにも、整理整頓は徹底し、生活感の出やすい部分はハウスクリーニングを依頼するなど、念入りに対策をおこなうと良いです。
そして、余裕のあるスケジュールを組んでおくのもポイントのひとつです。
売り急いだ結果、値下げをせざるをえなくなり、安く買いたたかれてしまうケースは少なくありません。
ゆとりのある売却スケジュールを意識し、早めに準備を進めるのが大切です。

▼この記事も読まれています
ハウスメーカーの建てた家は売却しやすい?重視されるポイントも解説!

\お気軽にご相談ください!/

築10年の一戸建てを売却する際の注意点

築10年の一戸建てを売却する際は、まず住宅ローンの残債を把握しておくことが大切です。
売却時に完済が難しい場合、そもそも売買が難しくなるので、あらかじめ自己資産や残債について確認しておけば安心できます。
また、契約不適合責任について、免責事項などを決めておくのも注意点です。
不具合などをめぐって売却後にトラブルが生じるのを避けるためにも、現状を正確に見極めたうえで、責任の内容や範囲を取り決めておくのが好ましいです。
くわえて、リフォームについても注意する必要があります。
売り出し価格にリフォーム費用を上乗せできるとは限らないので、結果的に損をする可能性もあります。
自分でリフォームをする前提で中古物件を探しているケースも多いため、リフォームの必要性については慎重に考えるのが大切です。

▼この記事も読まれています
一戸建て住宅は売るべき?貸すべき?それぞれのメリットとデメリットを解説

まとめ

築10年の一戸建ての売却相場は、新築の半分ほどに落ち込みます。
売却では、売り出し価格を高めに設定する、内覧対策をきちんとおこなうなどがコツです。
売却にあたっては、住宅ローンの残債を把握する、契約不適合責任の内容について取り決めるといった注意点も押さえておきたいものです。
茂原市や房総半島エリアの不動産売却のことならエヌ・ビー・ホーム株式会社へ。
地域密着で住居、空家、土地の無料査定を行っております。
30年の実績と経験でお客様のお悩み解決のお手伝いをいたしますので、ぜひお問い合わせください。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

08008081166

営業時間
9:00~18:00
定休日
毎週火曜日

関連記事

売却査定

お問い合わせ