台風被害を受けた家の売却を検討したい!支援制度やリスクなど解説

2023-12-13

空き家

台風被害を受けた家の売却を検討したい!支援制度やリスクなど解説

家を所有している場合、どんなに気を付けていても自然災害による損害のリスクはゼロではありません。
なかでも深刻な台風の被害に悩む方々もいらっしゃり、売却を検討しているケースもあるでしょう。
そこで今回は、家が台風被害にあった際に活用できる支援制度や売却する場合のリスク、コツを解説します。

\お気軽にご相談ください!/

台風被害を受けた家で売却前に活用できる補償や公的支援

家が大規模な台風被害を受けた場合、一般的には公的機関からの支援や保険の補償が対象となります。
公的機関の支援には、災害救助法に基づく住宅の応急処理などが含まれ、これにより一部の台風被害が支援できます。
このような公的機関の支援を受ける際には、市区町村への申請が必要であり、受け取られるのは罹災証明書と呼ばれる書類です。
申請時には被害の状況を確認できる写真が求められることがありますので、被害状況を写真に残しておくと良いでしょう。
また、台風被害により火災保険や地震保険などの損害保険の対象となる場合もあります。
補償内容は保険証書に詳細が記載されているため、事前に確認し、申請手続きを進めるようにしましょう。

▼この記事も読まれています
3階建てが売却しにくい理由は?売却するときのポイントを解説!

\お気軽にご相談ください!/

台風被害を受けた家を売却するリスクとは?

台風被害を受けた家を売却する際のリスクとして、相場よりも低い売却価格が挙げられます。
修理が必要な状態で売却する場合、買い手は修理にかかる費用を差し引いた金額で購入を希望することが一般的です。
また、売り手が修理をおこなってから売却しても、相場よりも低く評価されると言われています。
その他にも、損害賠償請求を受けるリスクや売却までに発生する費用にも注意が必要です。
売買契約で台風被害の状況を適切に説明していない場合、後に不具合が発生した際には契約不適合責任に問われ、損害賠償請求の対象となる可能性があります。
費用面では、買い手が見つかりづらいため、売却が完了するまでの間には維持費や税金などの負担が必要です。

▼この記事も読まれています
ハウスメーカーの建てた家は売却しやすい?重視されるポイントも解説!

\お気軽にご相談ください!/

台風被害を受けた家をスムーズに売却するコツとは?

台風被害を受けた家をスムーズに売却するためのコツとして、まず放置しないことが挙げられます。
住んでいない家は早期に傷みや劣化が進むため、台風被害があれば早めに売却活動を進めるのが望ましいです。
次に、台風被害に関する情報を漏れなく告知することが重要です。
契約不適合責任に問われ、損害賠償請求の対象になるリスクを回避するため、売却時には必ず告知をおこないましょう。
さらに、ホームインスペクションと呼ばれる住宅診断を専門家に依頼し、その結果を買い手に提示することも有益です。
台風被害を受けた家に対して安全性に不安を感じる買い手がいるかもしれませんので、ホームインスペクションを通じて信頼感を高めることで、売却がスムーズに進む可能性があります。

▼この記事も読まれています
一戸建て住宅は売るべき?貸すべき?それぞれのメリットとデメリットを解説

まとめ

台風被害を受けた家は公的機関がおこなう支援や保険の補償の対象となるのが一般的です。
一方、台風被害を受けた家に住み続けるのではなく売却してしまいたいと考える場合には、リスクやコツを押さえながら慎重に手続きを進めましょう。
茂原市や房総半島エリアの不動産売却のことならエヌ・ビー・ホーム株式会社へ。
地域密着で住居、空家、土地の無料査定を行っております。
30年の実績と経験でお客様のお悩み解決のお手伝いをいたしますので、ぜひお問い合わせください。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

08008081166

営業時間
9:00~18:00
定休日
毎週火曜日

関連記事

売却査定

お問い合わせ