空き家にまつわるご近所トラブルとは?空き家管理の方法について紹介

2024-03-26

空き家にまつわるご近所トラブルとは?空き家管理の方法について紹介

これから空き家を所有する予定の方のなかには、これからどうやって管理していくかお悩みの方も少なくないでしょう。
面倒だからといって管理を怠ってしまうと、建物が傷むだけではなく近隣の方とトラブルになってしまう可能性があります。
そこで今回は、空き家に関するご近所トラブルの事例やトラブルを回避する方法、空き家の管理が難しい場合の対処法についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

空き家に関するご近所トラブルの事例

ご近所トラブルの第一は放置された空き家によって生じる景観の悪化です。
時間が経過するにつれ外壁の塗装が剥がれ落ちたり、また、庭木が手入れされずに伸び放題になったりすることで周囲の景観に悪影響を及ぼします。
このような状況は近隣住民の生活の質を低下させるだけでなく、不動産価値にも影響を与えることがあるでしょう。
また、不法投棄の場所となり、ご近所トラブルに発展する事例もあります。
管理が行き届かない空き物件は不法投棄のターゲットとなりやすく、敷地内や周辺にゴミが堆積することでさらに地域の環境を損なうでしょう。
また、犯罪の温床や野生動物の住処となることにも注意です。
空き家はしばしば不法侵入や窃盗、さらには薬物の使用や売買などの犯罪行為の場所として利用されます。
空き家を放置することで近隣の安全性を著しく低下させ、住民の不安を高めてしまう可能性があります。

▼この記事も読まれています
早く空き家を売却したい!買取のメリット・デメリットや流れを解説!

\お気軽にご相談ください!/

空き家を管理する方法

自分で管理する場合、定期的に家の状態をチェックすることが大切です。
建物の外壁や屋根の損傷、窓ガラスの割れ、扉の不具合といった外部の点検のほか、室内の湿度やカビの発生、害虫の有無などをチェックしましょう。
くわえて庭の草木の手入れや不法投棄されたゴミの清掃も必要です。
時間と労力を要する作業ですが、直接管理することで家の状態を細かく把握し、迅速に対処できるようになります。
不動産管理会社や空き家管理サービスに管理を依頼する方法もあります。
定期的な巡回点検、必要に応じた修繕作業の手配、草木の手入れ、害虫駆除といった管理業務を代行してくれる便利な存在です。
費用はかかりますが、専門知識を持つプロに管理してもらえるのが最大の利点です。

▼この記事も読まれています
空き家の外壁を塗装しないとどうなる?塗装時期や塗装が必要な理由を解説!

\お気軽にご相談ください!/

空き家を適切に管理できない場合の対処法

空き家の管理が難しい場合、一般的な対処法は売却することです。
売却することで管理の負担から解放されるだけでなく、不動産から一定の収益を得ることができます。
ただし、売却を成功させるためには物件の価値を高めるための修繕や清掃を行うことが重要です。
ほかにも、管理ができない場合には、更地にしてから売る方法もあります。
建物がなくなるため、特例を受けられなくなってしまいますが、土地として売却することによって買い手が見つかるケースもあるでしょう。

▼この記事も読まれています
空き家を自分で管理する方法とは?必要な道具や具体的な管理方法を解説

まとめ

これらのご近所トラブルは空き家がもたらす多くの問題のほんの一部に過ぎませんが、近隣住民に及ぼす悪影響の大きさは計り知れません。
問題を認識するとともに、空き家の管理や適切な対処法もしっかり押さえておいてください。
また、管理が難しい場合は、売却することで管理の負担から解放されるだけでなく、不動産から一定の収益を得ることができるでしょう。
茂原市や房総半島エリアの不動産売却のことならエヌビーホームへ。
地域密着で住居、空家、土地の無料査定を行っております。
30年の実績と経験でお客様のお悩み解決のお手伝いをいたしますので、ぜひお問い合わせください。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

08008081166

営業時間
9:00~18:00
定休日
毎週火曜日

売却査定

お問い合わせ