底地とは?底地を売却するメリットや方法について解説!

2024-03-12

底地とは?底地を売却するメリットや方法について解説!

底地を相続したものの、使い道が分からずに困っている方もいるでしょう。
底地の性質上、所有者であっても自由に利用ができないため、扱いに困る土地でもあります。
そんな土地を売って手放したい場合には、どのような方法があるのでしょうか。
今回は底地についての概要と売るメリット、そして主な売却方法をご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

底地とは?

底地とは借地権が設定された土地のことで、第三者に貸し出すことで利益を得る土地のことを指します。
底地の所有者は、土地を貸す代わりに賃料をもらって収入とする底地権を所有しており、貸した土地は借地という扱いになります。
土地を借りた人はその土地に物件を建てられる借地権を持つことになるため、底地の所有者自身はこの土地を自由に使うことはできません。
このように、同じ土地ひとつであってもそれぞれの立場で呼び方や性質が変わり、なかなか売ることが難しい土地としても知られています。
所有しているだけでも固定資産税などの納税義務は残っているため、自由に使えないにも関わらずお金を払い続けることになります。

▼この記事も読まれています
土地売却の相談先とは?基本的・状況別のケースに分けてご紹介

\お気軽にご相談ください!/

底地を売却するメリット

売却するメリットとしてまず挙げられるのが、継続的にかかる税金の負担をすべて解消できることです。
たとえ賃料で地代は賄えていても、土地価格上昇などの要因で固定資産税や都市計画税といった税金の価格も上がります。
賃料を上げるのが難しい場合は、納税金額が賃料を上回ってしまい、地主への大きな負担となります。
こうした場合は売却して土地を手放せた方が本人にとっても大きなメリットです。
また、こうした土地を事前に手放しておけば、相続人への土地引き継ぎ問題も回避できます。
扱いに困る土地を相続しても困らせてしまうだけなので、トラブル回避のためにも効果的です。

▼この記事も読まれています
土地の評価額とは?5種類ある評価額の特徴と調べ方をご紹介

\お気軽にご相談ください!/

底地を売却する方法

売却方法はいくつかありますが、手間がかからないのは借地人に買い取ってもらう方法です。
借地人からすれば自身の土地となるため賃料を払う必要がなくなり、将来的な土地の売却なども自身でコントロールできるようになります。
また、借地人との合意のもとで底地と借地権をまとめて売る手段もあります。
これには借地人の同意が必須であるため、普段から借地人と信頼関係を築けている場合は相談してみると良いでしょう。
そのほか、底地と借地権を等価交換して売却する方法も有効です。
底地と借地権をそれぞれ一部交換すると、双方が所有権のある土地を手に入れることができます。

▼この記事も読まれています
売却しやすい旗竿地の特徴やスムーズに売却する方法を解説!

まとめ

底地とは借地権が設定された土地で、土地を貸す人と借りる人で呼び方や性質が異なります。
底地を売却すると、税金の負担や相続問題を解消できます。
売却する場合は、借地人に買い取ってもらうか、底地と借地権を一部等価交換をして売却すると良いでしょう。
茂原市や房総半島エリアの不動産売却のことならエヌビーホームへ。
地域密着で住居、空家、土地の無料査定を行っております。
30年の実績と経験でお客様のお悩み解決のお手伝いをいたしますので、ぜひお問い合わせください。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

08008081166

営業時間
9:00~18:00
定休日
毎週火曜日

売却査定

お問い合わせ