土地の評価額とは?5種類ある評価額の特徴と調べ方をご紹介

2022-11-22

土地の評価額とは?5種類ある評価額の特徴と調べ方をご紹介

土地の評価額は、固定資産税や相続税などの納税額を計算する際に使用する重要なものです。
また、売買においても評価額の数値を参考にします。
そこで、千葉県外房エリアで土地の売却をご検討中の方に向けて、土地の評価額とは何か、また5つの評価額の特徴と調べ方をご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

土地の評価額とは

土地の評価額とは、固定資産税・都市計画税や不動産取得税、相続税などといった税金の納税額を算出するとき基準となる数値のことです。
土地だけでなくマンションや一戸建てなどの建物にも、それぞれ評価額があります。
また土地1つに対して5種類の評価があり、それは「一物五価」と呼ばれています。
5種類の評価とは、実勢価格・公示価格・基準地価・相続税路線価・固定資産税評価額の5つです。
なかでも固定資産税評価額は、売却相場を知りたいときに参考になります。
評価の種類によって金額が異なるので、目的に応じた評価額を参考にしましょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

5種類の土地評価額の特徴

5種類の評価額は、それぞれ目的や金額などに違いがあります。

  • 実勢価格:実際に個人間でおこなわれた売買価格で金額は取引によって異なる
  • 公示価格:土地取引や金融機関の担保評価の指標であり金額はあらゆる地価の基準になる
  • 基準地価:公共事業および民間の不動産売買の参考価格であり金額は公示地価を公表しない場所で基準とされる地価
  • 相続税路線価:相続税や贈与税の算定基準であり金額は公示地価の約80%ほど
  • 固定資産税評価額:固定資産税などの算定基準であり金額は公示地価の約70%ほど

さらに調査主体もそれぞれ異なり、たとえば相続税路線価は国税庁、固定資産税評価額は市町村です。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

土地の評価額の調べ方

土地の評価額は、それぞれ調査している機関が異なるので調べ方にも違いがあります。
実勢価格は、レインズマーケットインフォメーションや土地情報総合サイトで調べることが可能です。
また土地情報総合サイトでは、公示価格と基準地価も所在地から検索すると調べられます。
相続税路線価は、国税庁のサイトにある路線図・評価倍率表の評価倍率を面積に掛けると計算できます。
固定資産税評価額は、下記に挙げた4種類の書類いずれかによって確認できます。

  • 課税明細書
  • 固定資産評価証明書
  • 公租公課証明書
  • 固定資産課税台帳

なかでも課税明細書は毎年必ず納税通知書と共に送られてくるので、手数料や役所などに出向く手間もなく手軽に調べられます。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

土地の評価額には5種類あり、調査の主体となっている機関も目的、金額などの特徴がそれぞれ異なります。
評価額はどれもサイトや手元の書類などによって自分で調べられるので、土地を売却する前に目安として知っておくと良いでしょう。
私たち「エヌビーホーム」は、千葉県外房エリア(茂原市、大網白里市、東金市、いすみ市)を中心に不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ご検討中の方はぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

08008081166

営業時間
9:00~18:00
定休日
毎週火曜日

売却査定

お問い合わせ