マンション引き渡し後によくあるトラブルとは?未然に防ぐ方法もご紹介

2022-11-15

マンション引き渡し後によくあるトラブルとは?未然に防ぐ方法もご紹介

マンションの売却がスムーズに進んでも、引き渡し後にトラブルが生じることは少なくありません。
引き渡したあとでも対応が必要なのでしょうか。
ここでは、千葉県外房エリアでマンションの売却をご検討中の方に向けて、マンション引き渡し後によくあるトラブルや対応方法についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

マンション引き渡し後のトラブル事例

マンション引き渡し後のトラブルとしてよく見られる事例には、騒音や隣人、設備が原因となっているものがあります。

騒音を原因とするトラブル

買主から騒音に関するクレームを受けることがあります。
なかには、損害賠償や契約解除を求められることもありますが、生活音レベルの騒音であれば対処は不要です。
ただし、常識を外れたレベルの騒音がある場合は、売却の際に告知しなければなりません。

隣人を原因とするトラブル

隣人によるトラブルもマンション引き渡し後によくあります。
隣人によるゴミの放置や常軌を逸した物言いをする隣人がいるなどが分かっている場合は、告知の必要があります。

設備を原因とするトラブル

水漏れや給湯器の故障などの付帯設備の故障は、マンション売却後によくあるトラブル事例の1つです。
一般的に故障の発見が引き渡し後1週間以内であれば、売主が修理することになっています。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

マンション引き渡し後のトラブルへの対応方法

マンション引き渡し後に生じたトラブルには、以下の対応方法でおこないます。

  • 話し合いは冷静におこなう
  • 売買契約書を確認し売主と買主で共有する
  • 話し合いの内容を文書に残す

トラブルへの対応は冷静におこなうことが、スムーズに解決するためには大切です。
また、クーリングオフを求められることがあります。
マンションの売買ではクーリングオフは適用外なので応じることはありませんが、トラブルに発展しないように慎重な対応が必要です。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

マンション引き渡し後のトラブルを防ぐ方法

マンション引き渡し後のトラブルは未然に防ぐこともできます。
とくに大切なのは信用できる不動産会社を選ぶことです。
不誠実な対応の不動産会社を選ぶと売却後のフォローも不十分な可能性もあるので、どんなケースにおいても親身に対応する不動産会社を選ぶことをおすすめします。
また、話し合いを念入りにおこなうこともトラブルの減少に効果があります。
なかでも設備については、現地で一緒に確認しましょう。
さらに、売却前には告知漏れがないかを十分にチェックすることも忘れてはいけません。
マンションで生活する中で感じた違和感をまとめておくと役立ちます。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

マンション引き渡し後にトラブルが生じることはよくあります。
トラブルになると対応に時間も労力もかかるので、マンション売却をご検討中の方には売却時にトラブルを防ぐための対策をおこなっておくことをおすすめします。
私たち「エヌビーホーム」では、千葉県外房エリアの茂原市、大網白里市、東金市、いすみ市で不動産売却のサポートをおこなっておりますので、売却に関するご相談、無料査定はお気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

08008081166

営業時間
9:00~18:00
定休日
毎週火曜日

売却査定

お問い合わせ