駐車場経営の仕組みとは?土地活用で失敗しないためのポイントも解説

2022-11-08

駐車場経営の仕組みとは?土地活用で失敗しないためのポイントも解説

土地活用の手段の一つして、駐車場経営があることをご存じでしょうか。
土地活用ではアパートなどの賃貸経営が有名ですが、駐車場経営も注目を集めています。
今回は、駐車場経営の仕組みを解説するとともに、土地活用として取り組むことのメリットやデメリット、失敗しないためのポイントをご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

土地活用としての駐車場経営の仕組みと種類

駐車場経営は、使用していない土地に駐車場を作って、駐車料金を収入とする仕組みです。
経営方式には、駐車場の施工から運営まで全ておこなう個人経営や、駐車場の管理・運営を事業者に委託する管理委託方式、土地を貸して駐車場施工から運営まで事業者に任せるサブリースがあります。
また、駐車場には月極駐車場とコインパーキングの2種類があります。
月極駐車場は月ごとに賃料収入を受け取ることが特徴で、3種類の経営方式のすべてで対応可能です。
一方、コインパーキングの場合は、単発の利用時間に応じた駐車料金を得ます。
コインパーキングは専用の設備が必要で管理の手間もかかるため、駐車場の施工から管理まで事業者に委託する方法をおすすめします。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

土地活用として駐車場経営をはじめるメリットとデメリット

土地活用として駐車場経営をおこなうことのメリットは、初期費用が少ない点です。
専用設備が必要なコインパーキングの経営であっても、アパート経営と比較すると大幅に初期費用を抑えられます。
また、1台からでも駐車場として活用できるため、狭小地でも取り組める点もメリットの1つです。
さらに、建物を建築する必要がないため、業態を変更する場合でもスムーズな切り替えが可能です。
駐車場経営のデメリットとしては、税金の負担が大きい点が挙げられます。
賃貸経営であれば住宅用地として税制上の優遇処置を受けることができますが、駐車場経営では認められていません。
また、平置き駐車場の場合、土地の利用効率が悪い点もデメリットだといえます。
一つの土地で複数フロアを活用できるアパート経営と比較すると、収益性が落ちる傾向にあります。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

土地活用としての駐車場経営で失敗しないためのポイント

駐車場経営で失敗しないためには、立地に合った駐車場の形態を選ぶことが大切です。
人や車の通りが多い場所や住宅地などでは月極駐車場、公共交通機関から遠い場所ではコインパーキングがおすすめです。
また、利回りを実質利回りで計算することもポイントとして挙げられます。
不動産投資の良し悪しを決める指標として、表面利回りと実質利回りがあります。
この2つの違いは諸経費を考慮するか否かであり、駐車場経営では諸経費を考慮した実質利回りで計算しましょう。
前述のとおり駐車場経営は税制上の優遇を受けられず、予想以上に諸経費かかる恐れがあるため注意が必要です。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

駐車場経営は、初期費用が少ないうえ、狭小地でも取り組みやすい土地活用方法です。
失敗しないためのポイントを押さえながら、ぜひ取り組んでみてください。
私たち「エヌビーホーム」は、千葉県外房エリア(茂原市、大網白里市、東金市、いすみ市)を中心に不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ご検討中の方はぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

08008081166

営業時間
9:00~18:00
定休日
毎週火曜日

売却査定

お問い合わせ