事故物件を建て替えた場合の資産価値は?メリットや費用を解説!

2023-11-21

事故物件を建て替えた場合の資産価値は?メリットや費用を解説!

何らかの理由によって、事故物件を所有している方のなかには、何とかして資産価値を上げる方法はないかと考える方も多いのではないでしょうか。
その際、選択肢として挙がるのが事故物件の建て替えです。
今回は、事故物件を建て替えた場合の資産価値やメリット、費用について解説します。

\お気軽にご相談ください!/

事故物件は建て替えによって資産価値が上がるのか?

事故物件はその土地や建物で事故や事件、自殺、孤独死などが起きて、心理的瑕疵があると見なされた物件です。
心理的瑕疵とは、心理的に影響を受ける欠陥や問題を指し、心理的瑕疵のある物件は購入を希望する方への告知義務を伴います。
事故物件を所有する方のなかには、心理的瑕疵を解消するために建て替えをしてしまおうと考える方がいらっしゃるかもしれません。
しかし、事故物件を建て替えたり、更地にしたりしても、心理的瑕疵はなくならない点に注意しましょう。
そのため、建て替えをした場合も、購入を希望する方への告知義務は発生します。
つまり、事故物件を建て替えたからといって心理的瑕疵はなくならず、一般的には資産価値は上がりません。

▼この記事も読まれています
筆界未確定地は売却可能?筆界未確定の土地を売却する方法をご紹介

\お気軽にご相談ください!/

事故物件を建て替えるメリットとは?

事故物件を建て替えるメリットとして、買い手のニーズに合わせて良い性能や設備を備えた建物を建てられる点が挙げられます。
また、新しく物件を建てられるため、これまでの間取りや構造などにとらわれず、自由度の高い選択ができる点もメリットです。
リノベーションやリフォームの場合だと、できることが限られるケースも多いですが、建て替えであればその心配はありません。
建て替え時の工夫次第では、事故物件の心理的瑕疵以上に魅力ある物件にできる可能性もあります。
くわえて資金調達についても、住宅ローンの選択肢が多かったり、リフォームローンと比較して金利が低かったりする点がメリットとなります。
住宅ローン控除などの優遇制度が使える点も、建て替えならではのメリットです。

▼この記事も読まれています
任意売却をおこなうとブラックリスト入り?注意点などをご紹介

\お気軽にご相談ください!/

事故物件を建て替える際にかかる費用の相場は?

事故物件を建て替える際にかかる費用は解体、登記などの諸費用、新しい家の建設にかかる費用の3つにわけられます。
まず、既存の事故物件を解体する際にかかる費用は、物件の構造や大きさによって異なりますが、相場は90~150万円ほどです。
諸費用は、印紙税や住宅ローン手数料などさまざまですが、法務局での登記手続きにかかる登録免許税は24万円ほどです。
最後に、新しい家の建設にかかる費用の相場ですが、土地の広さや構造、ハウスメーカーなどによって大きく異なります。
たとえば、40坪の新しい家を建てて2,400万円かかったケースなどがあります。

▼この記事も読まれています
不動産を売却するときの必要な告知書とは?書き方や注意点についてご紹介

まとめ

事故物件を建て替える際に注意したいのは、心理的瑕疵はなくなるものではなく、購入を希望する方への告知義務が発生し続ける点です。
そういったデメリットと建て替えによるメリットを比べ、事故物件の活用方法を検討しましょう。
茂原市や房総半島エリアの不動産売却のことならエヌ・ビー・ホーム株式会社へ。
地域密着で住居、空家、土地の無料査定を行っております。
30年の実績と経験でお客様のお悩み解決のお手伝いをいたしますので、ぜひお問い合わせください。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

08008081166

営業時間
9:00~18:00
定休日
毎週火曜日

売却査定

お問い合わせ