筆界未確定地は売却可能?筆界未確定の土地を売却する方法をご紹介

2023-08-15

筆界未確定地は売却可能?筆界未確定の土地を売却する方法をご紹介

これから土地を売却しようと、計画を立てている方もいるでしょう。
土地のなかには筆界未確定地があり、その土地の場合は売却がしにくいケースも出てきます。
今回は、筆界未確定地とは何か、その土地は売却ができるのか、売却できる場合の方法をご紹介していきます。

\お気軽にご相談ください!/

筆界未確定とは

筆界とは、登記されている境界をいい、筆界未確定とは、登記したときに境界が定められていない土地をいいます。
土地の境界の種類には、2種類あり、隣地所有者との境界と県道や市道などの公道との境界です。
この境界がそれぞれ確定していなければ、筆界未確定地となります。
筆界と似た言葉に所有権界があり、この言葉は隣の土地の所有者の方と話し合いで決める境界をいいます。
所有権界では土地の所有者の判断で境界の範囲を決められるため、たとえば、この花壇から隣の土地と決めるなどというような決め方が可能です。

▼この記事も読まれています
土地売却の相談先とは?基本的・状況別のケースに分けてご紹介

\お気軽にご相談ください!/

筆界未確定地は売却できるのか

筆界未確定の土地でも売却はできます。
ただ、境界が未確定となっている土地は、買主側にとって隣の土地の所有者の方とトラブルに発展する可能性があるため、買主は現れにくいです。
また土地の境界は売る側が買主に明示しなければならなく、これを境界明示義務といい、たとえばブロック塀や境界杭などを使い境界を示します。
本来であれば筆界未確定の場合、売る前に境界を確定してから売る必要がありますが、境界明示義務は法的に強制されるものではありません。
そのため、売買契約書に境界明示義務について記載しなくても、契約は問題なく成立します。

▼この記事も読まれています
土地の評価額とは?5種類ある評価額の特徴と調べ方をご紹介

\お気軽にご相談ください!/

筆界未確定の土地を売却する方法

売る方法には、筆界確認書を作り地図訂正をおこなう方法があります。
筆界確認書は土地の所有者の両方が、この境界線で良いと判断し合意したときに作る確認書です。
筆界確認書を作るときは、筆界確定図や確定測量図と呼ばれる土地の境界図と一緒に土地家屋調査士が作ります。
また、地図訂正は法務局にある地図や地図に準ずる図面などを訂正するもので、地図訂正に必要な書類は現在の地図に誤りがあると証明した土地所在図などです。
なお、筆界未確定で売却する場合は、境界を明示しない特約をつけることで、トラブル防止を講じることができます。

▼この記事も読まれています
売却しやすい旗竿地の特徴やスムーズに売却する方法を解説!

まとめ

ここまで筆界未確定地とは何か、その時の売却できるのか、その土地を売却する方法についてご紹介してきました。
筆界未確定地は土地の境界が確定していない土地で、売却は可能ですが、隣の土地の所有者の方とトラブルになる場合があります。
筆界確認書の作成や地図訂正、境界非明示の特約をつけて売却しましょう。
茂原市や房総半島エリアの不動産売却のことならエヌ・ビー・ホーム株式会社へ。
地域密着で住居、空家、土地の無料査定を行っております。
30年の実績と経験でお客様のお悩み解決のお手伝いをいたしますので、ぜひお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

08008081166

営業時間
9:00~18:00
定休日
毎週火曜日

売却査定

お問い合わせ