二世帯住宅の不動産は売れにくい?売却が難しい理由や売却するコツを解説

2023-11-14

二世帯住宅の不動産は売れにくい?売却が難しい理由や売却するコツを解説

同居していた親が亡くなったなどの理由で、現在住んでいる二世帯住宅の売却を検討している方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし通常の家とは違って特殊な間取りをしている二世帯住宅は買主が見つかりにくいため、事前にコツを押さえておくことが大切です。
今回は、二世帯住宅の種類や売れにくい理由、売るためのコツについて解説します。

\お気軽にご相談ください!/

売れにくい不動産である二世帯住宅の種類

一口に二世帯住宅といっても、その種類は「完全分離型」「一部共用型」「完全同居型」の3種類にわけられます。
完全分離型は親世帯と子世帯の生活空間がわかれているタイプで、キッチンや浴室などの設備が2つずつある点が特徴です。
それに対して、キッチンや浴室など一部の設備を親世帯と子世帯でともに使うタイプが一部共用型です。
一方、親世帯と子世帯の生活スペースが同じですべての設備を共有するタイプを完全同居型と呼びます。

▼この記事も読まれています
3階建てが売却しにくい理由は?売却するときのポイントを解説!

\お気軽にご相談ください!/

二世帯住宅が売れにくい不動産である理由

通常の住宅と比べると、二世帯住宅は売りに出してもなかなか買主は見つかりません。
その理由のひとつは、二世帯住宅を探している方がほぼおらず需要が少ないためです。
また、間取りが広く、設備も多いために売り出し価格が高いことも売れにくい理由のひとつとして挙げられます。
そのほか、親の死を契機に二世帯住宅を売却する方は多く、心理的瑕疵物件ではないかと懸念されてしまい、買主から敬遠される点も売れにくい理由です。

▼この記事も読まれています
ハウスメーカーの建てた家は売却しやすい?重視されるポイントも解説!

\お気軽にご相談ください!/

売れにくい不動産である二世帯住宅を売却するコツ

二世帯住宅を早く売却するコツは、リフォームなどをして間取りを大幅に変更することです。
また不動産投資家などをターゲットとし、収益物件として売り出すのもコツのひとつです。
ただし、二世帯住宅はそもそもの需要が低く売却が難しいため、数百万円もの費用を投じてリフォームをしたとしても売れるとは限りません。
二世帯住宅をなるべく手間をかけずに売却したいのであれば、不動産会社の買取サービスの利用をおすすめします。
買取の場合は仲介よりも売却価格が下がってしまいますが、短期間で現金化できる点がメリットです。

▼この記事も読まれています
一戸建て住宅は売るべき?貸すべき?それぞれのメリットとデメリットを解説

まとめ

二世帯住宅が売れにくい理由として「そもそもの需要がない」「間取りが広く売り出し価格が高くなりがち」「心理的瑕疵物件と見なされてしまう」などが挙げられます。
二世帯住宅をスムーズに、かつ手間をかけずに売却したいのであれば、不動産会社の買取サービスを利用するのも選択肢のひとつです。
茂原市や房総半島エリアの不動産売却のことならエヌ・ビー・ホーム株式会社へ。
地域密着で住居、空家、土地の無料査定を行っております。
30年の実績と経験でお客様のお悩み解決のお手伝いをいたしますので、ぜひお問い合わせください。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

08008081166

営業時間
9:00~18:00
定休日
毎週火曜日

売却査定

お問い合わせ