築20年の一戸建ての資産価値は?売却するコツを解説!

2023-11-14

築20年の一戸建ての資産価値は?売却するコツを解説!

一戸建て住宅の売却を検討している方のなかには「木造住宅は20年で資産価値がなくなる」と聞いて不安に感じる方もいらっしゃると思います。
築20年の一戸建ての資産価値がなくなってしまうのには、どのような理由があるのでしょうか。
今回は、築20年の一戸建ての資産価値がなくなる理由、売却する際にリフォームは必要なのか、売却を成功させるためのコツを解説します。

\お気軽にご相談ください!/

築20年の一戸建ての資産価値がなくなる理由は?

新築一戸建て(木造)の資産価値は時間経過とともに下落していき、築20年になるとその価値はほぼなくなってしまいます。
築20年の一戸建てに価値がなくなるのは、老朽化によって設備の交換や修繕などが必要になるためです。
また、新築志向が顕著な日本においては、築年数が経過するごとに需要も少なくなることも理由に挙げられます。
ただし、建物の資産価値がなくなってしまっても、土地の価格が大きく変わることはありません。
そのため、築20年の一戸建てであっても問題なく売却できるケースがほとんどです。

▼この記事も読まれています
3階建てが売却しにくい理由は?売却するときのポイントを解説!

\お気軽にご相談ください!/

築20年の一戸建てはリフォームしてから売却したほうが良い?

基本的に、築20年の一戸建てを売却する際に、リフォーム・リノベーションは不要です。
なぜならば、売却前にリフォーム・リノベーションをしても、売却したお金で工事費用を回収できるとは限らないためです。
また、中古住宅については、リフォーム・リノベーションを前提とした購入需要も少なくありません。
ただし、築20年以上の一戸建てを売却する際は、よほど立地条件に優れるなどの条件がない限りは、希望売却価格を下回るケースが多いことを念頭に置く必要があります。

▼この記事も読まれています
ハウスメーカーの建てた家は売却しやすい?重視されるポイントも解説!

\お気軽にご相談ください!/

築20年の一戸建ての売却を成功させるためのコツ!

築20年の一戸建てを売却するのであれば、時間に余裕を持つことを意識しましょう。
通常、不動産の売買には3か月~6か月程度の時間が必要といわれますが、1年以上掛かってしまうケースも珍しくありません。
そのため、売却希望時期をできるだけ先に設定し、早めに売却活動に着手することが大切です。
また、内覧の際に購入希望者から良いイメージを持ってもらえるよう、物件は綺麗に手入れしておきましょう。
必要であれば、専門業者にハウスクリーニングを依頼することをおすすめします。
そのほか、築20年の一戸建てをインスペクション(住宅診断)することもおすすめです。
専門知識を有する第三者が検査した物件であれば、購入希望者に安心感を与えられるので、成約率が高くなる傾向にあります。

▼この記事も読まれています
一戸建て住宅は売るべき?貸すべき?それぞれのメリットとデメリットを解説

まとめ

一戸建て(木造)の資産価値は築20年が経過するとほぼなくなってしまいます。
しかし、売却前にリフォーム・リノベーションをする必要はありません。
売却成約率を高くするために、ハウスクリーニングやインスペクションを検討しましょう。
茂原市や房総半島エリアの不動産売却のことならエヌ・ビー・ホーム株式会社へ。
地域密着で住居、空家、土地の無料査定を行っております。
30年の実績と経験でお客様のお悩み解決のお手伝いをいたしますので、ぜひお問い合わせください。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

08008081166

営業時間
9:00~18:00
定休日
毎週火曜日

売却査定

お問い合わせ