シェアハウスはどう経営する?土地活用の方法をご紹介

2023-10-17

シェアハウスはどう経営する?土地活用の方法をご紹介

使わない不動産はあるものの、一戸建てがあるため土地活用が難しいと考えている方もいるでしょう。
シェアハウスの経営であれば、一戸建ての建物をそのまま土地活用に使用できます。
今回は、シェアハウスとは何か、シェアハウス経営のメリットやデメリット、シェアハウスでの土地活用に必要な費用についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

土地活用の一種シェアハウス経営とは

シェアハウスとは、1つの住宅を複数人で分け合って生活することです。
すなわち、シェアハウス経営とは住人がスペースを分け合って生活できる場を提供することになります。
入居者とは別々に1人ずつ契約を結び、契約期間も個別に設けられるため空室になりにくいです。
住人は大家さんが定める共有スペースでのルールを守りながら、1つの住宅で共同生活を営みます。
市場におけるシェアハウスの数は多くないものの、家賃が安いため若者には一定の人気がある土地活用法です。
首都圏や近畿地方の都市部を中心に需要があったものの、現在では全国的な広がりを見せています。

▼この記事も読まれています
筆界未確定地は売却可能?筆界未確定の土地を売却する方法をご紹介

\お気軽にご相談ください!/

シェアハウス経営による土地活用のメリット・デメリット

シェアハウスのメリットは、ファミリー向けの賃貸経営よりも収益性が高いことです。
一家族との契約の場合、家賃は家族分をまとめた金額しか受け取れず、その家族が退去した場合物件が空室になってしまいます。
シェアハウスであれば入居者1人ひとりから家賃を得られるうえ、1人が退去してもほかの方が残っていれば継続して家賃収入を得られるのです。
一方、シェアハウスには住人同士のトラブルに巻き込まれやすいデメリットもあります。
入居者同士は他人ですので、金銭トラブルやお互いの荷物などの盗難が起きる可能性はゼロではありません。
そういったトラブルの仲裁を求められる可能性があるため、手間が増える場合があります。

▼この記事も読まれています
任意売却をおこなうとブラックリスト入り?注意点などをご紹介

\お気軽にご相談ください!/

シェアハウス経営で土地活用するための費用

所有している物件でシェアハウス経営を始めるには、リノベーションや設備導入のための初期費用が必要です。
共有スペースとなるラウンジやキッチン、トイレ、バスルームなどの水場はきれいに整えておきましょう。
エアコンや冷蔵庫、テレビなどの家電やソファーなどの家具、Wi-Fiなど通信環境が揃っているとより入居者を集めやすいです。
住宅全体をリノベーションする場合、200万~300万円ほどの費用がかかります。
さらに、これらの設備の定期的なメンテナンスや、故障時の修繕にかかる維持費用も必要です。

▼この記事も読まれています
不動産を売却するときの必要な告知書とは?書き方や注意点についてご紹介

まとめ

シェアハウスは収益性が高く、一戸建てを有効活用できる土地活用方法です。
経営を始めるためには、まず入居者を集められる環境をリノベーションなどで整える必要があります。
設備の維持には定期的なメンテナンスや修繕でお金がかかるため注意しましょう。
茂原市や房総半島エリアの不動産売却のことならエヌ・ビー・ホーム株式会社へ。
地域密着で住居、空家、土地の無料査定を行っております。
30年の実績と経験でお客様のお悩み解決のお手伝いをいたしますので、ぜひお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

08008081166

営業時間
9:00~18:00
定休日
毎週火曜日

売却査定

お問い合わせ