任意売却で引っ越し代を節約する方法とは?競売になる前のケースをご紹介

2024-02-27

任意売却で引っ越し代を節約する方法とは?競売になる前のケースをご紹介

住宅ローンの返済ができなくなってしまった場合、自宅が差し押さえられて競売にかけられるか自宅を任意売却しなければなりません。
自宅に住めなくなれば新たな住居に引っ越す必要が生じるわけですが、ローン返済もままならぬ苦しい状況であれば引っ越し代も抑えたいと思うはずです。
この記事では、任意売却だと引っ越し代をサポートしてもらえるのかについてもご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

競売と任意売却との違い

競売はローンを返済できなくなった時に、金融機関が裁判所に自宅の差し押さえを申請し、裁判所に受理された後に自宅が売りに出されるという流れになります。
通常、競売にかけられた物件は相場よりも安い価格で取引されることが多く、落札者が決まったならすぐに立ち退かなければなりません。
ローンの返済が不可能になった場合は任意売却を選んだ方にメリットがあります。
任意売却は不動産会社に自宅の売却を委任し、借り入れ先である金融機関との交渉もしてもらえます。
任意売却のメリットは相場に近い価格で自宅を売却できることです。
さらに自宅を売却した後にもローンが残ってしまうような場合でも、今後どのように返済していくことができるのか相談することも可能です。
そして、引っ越し代もサポートしてくれることがある場合もありますが、これは必ずしも保証されるわけではありません。

▼この記事も読まれています
3階建てが売却しにくい理由は?売却するときのポイントを解説!

\お気軽にご相談ください!/

引っ越し代のサポートがあるケース

任意売却だと引っ越し代もサポートしてもらえる可能性がある主な理由は、任意売却で自宅を売却した方が競売よりも高く売れるからです。
差し押さえた物件が競売よりもいくらか高い金額で売却できれば、債権者は差額分の利益を得ることができます。
任意売却で家を売った利益の方が引っ越し代を支払ったよりも大きく上回るのであれば、引っ越し代を支払った方が良いということになります。
引っ越し代を差し引いても任意売却の方にメリットがあるため、引っ越し代をサポートしてくれるというケースがあるのです。

▼この記事も読まれています
ハウスメーカーの建てた家は売却しやすい?重視されるポイントも解説!

\お気軽にご相談ください!/

任意売却の注意点について

覚えておくべき大切な点は、任意売却をすれば引っ越し代も自動的にサポートしてもらえるわけではない、ということです。
引越し代のサポートはあくまで善意に基づくものなので、全くそのようなサポートをしない会社もあります。
ですから引越し代をサポートして欲しい場合には、経済的に厳しいということを真摯に伝える必要があります。
また、債権者と良い関係を築いておくことも重要です。
そして、債権者のメリットにつながるよう、物件を可能な限り高価で売却できるよう賢く不動産会社を選ぶことも大切です。

▼この記事も読まれています
一戸建て住宅は売るべき?貸すべき?それぞれのメリットとデメリットを解説

まとめ

任意売却の方が競売よりも物件が高く売れるため、引っ越し代をサポートしてもらえる可能性が高いです。
引っ越し代のサポートをしてもらうためには、できる限り物件を高く売却する努力や債権者との良い関係が求められます。
茂原市や房総半島エリアの不動産売却のことならエヌ・ビー・ホーム株式会社へ。
地域密着で住居、空家、土地の無料査定を行っております。
30年の実績と経験でお客様のお悩み解決のお手伝いをいたしますので、ぜひお問い合わせください。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

08008081166

営業時間
9:00~18:00
定休日
毎週火曜日

売却査定

お問い合わせ