土地の相続税を払えない場合はどうする?融資を受ける方法や対策をご紹介

2024-01-16

土地の相続税を払えない場合はどうする?融資を受ける方法や対策をご紹介

土地を相続した際の相続税は現金で支払う必要がありますが、必要な税額をすぐに用意できない場合もあります。
相続税を自力で支払うのが難しい場合は、融資を利用して一時的に立て替えてもらうことも可能です。
今回は、土地の相続税を払えない場合に融資を利用する方法や、融資のメリットとデメリット、被相続人の生前にできる対策についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

土地の相続税を払うため融資を利用する方法

相続した土地の価値が高いほど相続税も高くなりますが、高額な相続税をすぐに用意できない場合があります。
しかしながら、相続税の支払いが期日から遅れると、延滞税や無申告加算税などの余分な出費が発生します。
相続税の支払いが難しい場合は、延納や相続放棄などさまざまな方法がありますが、金融機関からの融資を受けて一時的に支払いを肩代わりしてもらうことも可能です。
この場合、相続した土地を担保として審査を受け、保証人を立てて土地の価値に応じた金額を借り入れます。

▼この記事も読まれています
相続登記とは?経費にできる相続登記の費用や注意点もご紹介!

\お気軽にご相談ください!/

土地の相続税を融資で支払うメリットとデメリット

相続税の支払いのために融資を受けると、利息を支払わなければなりませんが、延納を選択した場合の利子税よりも利率が低いメリットがあります。
あとから高い利子税を払って相続税を納めるよりも、借り入れしてでも先に支払ってしまったほうがお得になります。
一方で、デメリットとして信用のおける人物でなければ、融資を受けるのは難しい点が挙げられます。
クレジットカードの支払いや住宅ローンの返済を延滞し、信用情報に傷がついている場合は、借りられる可能性が低くなります。
また、担保として土地を用意して保証人も立てなければならないため、住宅ローンなどと比較して審査期間が長くなる場合があります。

▼この記事も読まれています
不動産売却における譲渡損失とは?利用可能な特例や確定申告の流れを解説

\お気軽にご相談ください!/

土地の相続税に関する被相続人の生前にできる対策

いざ相続が発生した際に、相続税が払えないといった状況を避けるためにも、被相続人が生きているうちに対策しておくのがおすすめです。
実際に相続する土地の固定資産税評価額や相続税の見積もりなど、まずは現状把握が必要です。
あらかじめ相続税がいくら必要なのかわかっていれば、事前に用意できる可能性が高まり、相続放棄など融資以外の選択肢も選びやすくなります。
また、相続税がきちんと払える方を土地の相続人に指定するなど、被相続人による遺言を活用することもできます。

▼この記事も読まれています
相続の際に行う遺産分割協議とは?トラブルや解決策もご紹介

まとめ

土地の相続税が支払えない場合は、金融機関からの融資を利用できますが、審査に時間がかかります。
金融機関からの信用がないと借り入れは難しいものの、延納より利率が低い場合が多いためお得です。
相続税で困らないようにしたい場合は、被相続人の方が生きている間の対策が重要になります。
茂原市や房総半島エリアの不動産売却のことならエヌ・ビー・ホーム株式会社へ。
地域密着で住居、空家、土地の無料査定を行っております。
30年の実績と経験でお客様のお悩み解決のお手伝いをいたしますので、ぜひお問い合わせください。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

08008081166

営業時間
9:00~18:00
定休日
毎週火曜日

売却査定

お問い合わせ