太陽光発電のある家は高く売却できる?売却方法や高く売るコツもご紹介

2023-09-12

太陽光発電のある家は高く売却できる?売却方法や高く売るコツもご紹介

電気代節約などの目的で自宅に太陽光発電を取り付けている方も少なくありません。
しかし、太陽光発電のある家を売却しようと考えている方にとって、太陽光発電があると家の売却にどう影響があるのか気になるところです。
今回は太陽光発電のある家は高く売却できるのか、太陽光発電のある家の売却方法や高く売るコツについてもご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

太陽光発電のある家は高く売却できる?

太陽光発電のある家は、設置から10年以内であれば、高く売却できる可能性が高いです。
設置から10年以内の太陽光発電は、通常よりも高い固定価格で電力を買取してもらえる「固定価格買取制度」が適用されます。
太陽光発電のメーカー保証は平均して10年~15年ついており、メンテナンスの面でも安心なので需要が高いです。
また、家庭用蓄電池付きなら、自然災害などで停電が起きても、自家発電した電気を貯めて置けるので、より高い価格で売却できるかもしれません。

▼この記事も読まれています
3階建てが売却しにくい理由は?売却するときのポイントを解説!

\お気軽にご相談ください!/

太陽光発電のある家を売却する方法とは?

太陽光発電のある家を売却する方法には「家とセットで売却する」「太陽光発電を移設する」「太陽光発電を解体する」の3つがあります。
「家とセットで売却する」方法は、太陽光発電の移設や解体費用をかけたくない方や、家の買主が太陽光発電を使いたい場合におすすめです。
太陽光発電の移設には約100万円、解体には約15万円が必要なので、移設や解体をせずに売却できるのは大きなメリットといえます。
「太陽光発電を移設する」方法は、引っ越し先でも太陽光発電を利用したい場合におすすめです。
太陽光発電を移設するには、引っ越し先の物件に太陽光発電を取り付けできるか確認が必要なうえ、移設にかかる費用が約100万円と高額なので、メリットは少ないかもしれません。
「太陽光発電を解体する」方法は、家の買主が太陽光発電を不要としており、引っ越し先へ移設できない場合におすすめの方法です。
この場合は解体業者へ依頼して、太陽光発電の撤去・処分をしてもらうことになり、費用は約15万円といわれています。

▼この記事も読まれています
ハウスメーカーの建てた家は売却しやすい?重視されるポイントも解説!

\お気軽にご相談ください!/

太陽光発電のある家を高く売却するコツとは?

太陽光発電のある家を高く売却したいのであれば、太陽光発電の収支データを提示するのがコツです。
太陽光発電の収支データがプラスの場合、売電収入が見込めるため、家が高く売却できる可能性が高くなります。
また、太陽光発電用の蓄電池と一緒に売却すれば、充電した電力を好きなときに使用できるため、昼間に発電した電力を夜間に使用でき、自然災害で停電になった場合でも電力が使えて安心です。
くわえて、太陽光発電をメンテナンスしてから売却すると、故障しにくくなり長期にわたって使用できるため、買主からの評価も高くなります。

▼この記事も読まれています
一戸建て住宅は売るべき?貸すべき?それぞれのメリットとデメリットを解説

まとめ

太陽光発電のある家を売却する際に、設置から10年以内、もしくはメーカーの保証が付いているなどの条件を満たすと、高く売却できる可能性が高まります。
太陽光発電がある家であるメリットを活かして、高価格での売却を目指しましょう。
茂原市や房総半島エリアの不動産売却のことならエヌ・ビー・ホーム株式会社へ。
地域密着で住居、空家、土地の無料査定を行っております。
30年の実績と経験でお客様のお悩み解決のお手伝いをいたしますので、ぜひお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

08008081166

営業時間
9:00~18:00
定休日
毎週火曜日

売却査定

お問い合わせ