建売住宅は売却しやすい?注文住宅との違いや売却の流れを解説!

2023-07-11

建売住宅は売却しやすい?注文住宅との違いや売却の流れを解説!

マイホームの売却を検討している方のなかには「建売住宅は売却しやすい」という話を聞いたことがある方もいると思います。
なぜ建売住宅が売却しやすいのか理由を知れば、売却の際にうまく活用できるかもしれません。
そこで今回は、建売住宅と注文住宅の違い、建売住宅が売却しやすい理由と売却時の流れについて解説します。

\お気軽にご相談ください!/

建売住宅と注文住宅の違いとは?

建売住宅とは、不動産会社やハウスメーカーが土地と建物をセットで販売する住宅のことです。
一般的に、不動産会社やハウスメーカーがまとめて購入した土地を区画分けし、同じ仕様の住宅を複数建築して販売します。
住宅の間取りや仕様が一定であることから建築コストが低く、注文住宅と比べると割安であることがほとんどです。
一方、注文住宅とは、施主の希望どおりに間取りや仕様をカスタマイズして建築する住宅のことです。
ハウスメーカーにより自由度に違いはあるものの、建物構造や間取り、設備などを自由に選べます。
しかし、細かいところまで施主の希望どおりにできる反面、建売住宅と比べると割高である傾向にあります。

▼この記事も読まれています
3階建てが売却しにくい理由は?売却するときのポイントを解説!

\お気軽にご相談ください!/

建売住宅が売却しやすい理由とは?

建売住宅が売却しやすいといわれるのは、不動産会社やハウスメーカーが万人受けするような間取りや仕様で建築していることが理由です。
注文住宅は施主のライフスタイルや趣味趣向が強く反映されている物件が多いため、なかなか買い手が付かないケースが少なくありません。
また、土地や建物の価格も相場どおりであることがほとんどであるため、買い手が安心して購入できる点も建売住宅が売却しやすいといわれる理由です。
くわえて、建売住宅では建築前に土地の境界を確定させているため、売り手が測量や面倒な手続きをおこなう必要がありません。

▼この記事も読まれています
ハウスメーカーの建てた家は売却しやすい?重視されるポイントも解説!

\お気軽にご相談ください!/

建売住宅を売却するときの流れを知っておこう!

建売住宅を売却する場合、まずは物件の査定を不動産会社に依頼することからはじめます。
査定額や不動産会社の方針に納得ができたならば、その不動産会社と媒介契約を締結します。
不動産会社が売却活動やその他付帯する業務を請け負ってくれるため、売主は購入希望者が現れたときに内覧の対応をおこないましょう。
売主・買主の双方で納得がいく内容に調整できれば売買契約を締結し、その後決済と物件の引き渡しをおこないます。

▼この記事も読まれています
一戸建て住宅は売るべき?貸すべき?それぞれのメリットとデメリットを解説

まとめ

建売住宅が売却しやすい理由に、不動産会社に万人受けしやすい建物である点と、土地や建物の価格が相場に近いことが挙げられます。
スムーズに取引を進めるために、建売住宅を売却するときの流れもある程度も頭に入れておくと安心です。
茂原市や房総半島エリアの不動産売却のことならエヌ・ビー・ホーム株式会社へ。
地域密着で住居、空家、土地の無料査定を行っております。
30年の実績と経験でお客様のお悩み解決のお手伝いをいたしますので、ぜひお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

08008081166

営業時間
9:00~18:00
定休日
毎週火曜日

売却査定

お問い合わせ