知っておいて損はなし!不動産売却にかかる費用の種類をご紹介

2022-06-14

知っておいて損はなし!不動産売却にかかる費用の種類をご紹介

不動産を売却すると、売却費用として利益になるお金だけでなく、さまざまな費用が発生します。
そして、売却にかかる費用のほとんどが売却前の契約で支払う必要のある費用です。
不動産を売却する段階になって、さまざまな費用の発生で慌てないように、不動産の売却でかかる費用の種類についてや、仲介手数料についてご説明いたします。

\お気軽にご相談ください!/

不動産を売却するときの費用の種類

不動産を売却すると、支払う必要のある費用が発生します。
印紙税
印紙税は、売買契約書に貼る印紙のことです。
印紙を貼って、消印をすることで納税したと認められます。
登記費用
売却物件に住宅ローンが残っている場合の抵当権抹消や登録免許税と、司法書士へ支払う費用です。
その他(解体費用・ごみ処分費など)
不動産の状況に応じてかかってくる費用で、解体費用・ごみ処理代もここに含まれています。
引っ越し費用
新居へ買い替える場合、旧居から仮住まい、仮住まいから新居へと2階の引っ越し費用と仮住まいのお金を想定しておくほうが良いでしょう。
譲渡所得税
不動産を売却して利益が出た場合に支払う税金です。
売却価格にかかる税金ではなく、売却価格から取得費や譲渡費用を引いて計算したお金にかかる費用ですので、利益が出なければ支払う必要はありません。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却でかかる費用、仲介手数料とは?

不動産売却でかかる費用で大きな割合を占めるのが仲介手数料です。
仲介手数料は、不動産の売却が成立したときに不動産会社へ支払う成功報酬です。
仲介手数料を支払うタイミングは、売買契約を交わした時点で半額、引き渡しが完了した時点で残りの半額を払うことが一般的です。
また、仲介手数料の金額は上限が設けられていて、売買契約の金額が400万円を超える場合は次の計算式で仲介手数料を求めることができます。
仲介手数料=(売買価格×3%+6万円)+消費税
求められる金額は、あくまでの仲介手数料の上限なので、必ず上限いっぱいで費用が発生するわけではありません。
気を付けたいのが、仲介手数料に含まれるのは、販売のために営業活動をおこなってもらう、通常の仲介業務のみです。
出張費や特別な宣伝をおこなってもらう活動は、仲介手数料には含まれません。
別途にて支払う必要があるかもしれないので注意が必要です。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

不動産を売却するときの費用の種類についてや、仲介手数料の計算方法などもご紹介しました。
不動産の売却は、売却によって得ることのできる費用だけでなく、支払う費用も発生します。
不動産の売却をおこなうときには、税金も含め支払う予定の金額を把握しておくようにしましょう。
私たち「エヌビーホーム」は、千葉県外房エリアを中心に不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ご検討中の方はぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

08008081166

営業時間
9:00~18:00
定休日
毎週火曜日

売却査定

お問い合わせ