負動産にしないための不動産売却!富動産に変える解決法をご紹介!

2022-06-14

負動産にしないための不動産売却!富動産に変える解決法をご紹介!

相続した不動産を利用できずに、そのまま放置されるケースがよく見られます。
放置された不動産は売却が難しくなるため、解決法を見つけて早めの対処をしていきましょう。
今回は負動産を富動産に変えるための解決法や、押さえておきたいポイントについて解説します。

\お気軽にご相談ください!/

負動産にしないための不動産売却!負動産とは?

負動産とは、所有しているだけで損をするマイナス資産の不動産のことです。
不動産は所有しているだけで、固定資産税の支払いや、清掃や除草などの管理を続けなければなりません。
そのため活用しないまま所有している不動産は、マイナス資産である負動産と呼ばれるのです。
活用されずに放置された空き家は、全国的にも増加傾向にあります。
富動産とは、活用され利益を生み出す不動産のことをいいます。
負動産を放置して資産価値を低下させる前に、富動産に変えることが大切です。
相続により負動産を所有するケースも多く、親が元気なうちに兄弟とも話し合うことが大切です。
隣地との境界ははっきりしているか、登記名義は親の名義になっているかということも、相続後のトラブルを避けるためには必要な確認です。
相続後に家を解体するのならば、解体費用はどうするのかという相談もしておきましょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

負動産にしないための不動産売却!解決法をご紹介

負動産を富動産に変えるための解決法をご紹介します。

賃貸物件として貸し出す

とりあえず不動産売却をする予定がないのなら、賃貸物件として借りたい方に貸し出すことも活用方法の1つです。
家賃収入が入ることによって、固定資産税などの維持費も支払うことができます。
入居者が見つからない場合は、高齢者向け賃貸物件や、高齢者向けシェアハウスとしての活用も検討しましょう。
少子高齢化が進むなか、高齢者向け住宅の需要は増加していくものと考えられます。

空き家バンクに登録する

田舎などの需要が少ない地域の不動産を所有しているのなら、各地方自治体が運営する空き家バンクに登録することがおすすめです。
移住者やセカンドハウスを探している方に、物件の情報提供をおこなうことができます。

不動産売却する

利用する予定がないのなら、早めに売却することがおすすめです。
不動産は時間の経過とともに、資産価値も下がってしまいます。
売却のタイミングを逃さずに、早めに売却準備を進めましょう。
また早期売却を希望する場合は、不動産会社が直接買い取りをおこなう「買取」を利用する方法もあります。
「買取」は、残置物もそのままの状態で買い取ってくれるため、遠方で片付けに行けない方にもおすすめの方法です。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

不動産は所有しているだけで維持費や清掃、除草などの管理の手間と費用がかかります。
不動産を負動産にしないためにも、早めに賃貸物件としての活用や、不動産売却を検討しましょう。
私たち「エヌビーホーム」は、千葉県外房エリアを中心に不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ご検討中の方はぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

08008081166

営業時間
9:00~18:00
定休日
毎週火曜日

売却査定

お問い合わせ