売却時に家の解体費用で適用となる補助金とは?

2022-06-21

売却時に家の解体費用で適用となる補助金とは?

家を売ることで解体が必要となったとき、解体費用の補助金があると嬉しいですよね。
この記事は茂原市、大網白里市、東金市、いすみ市を中心に千葉県外房エリアで不動産売却や建物解体を検討している方に向けて解体費用は補助金の適用となるのか、適用となった際はどんな条件や注意点があるのかについてご紹介しますので是非参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

家の解体費用で補助金は適用になるの?

家の解体工事では一定の条件を満たすことで補助金を申請し、受給することが可能です。
補助金の受給には目的があり、家屋の状態などから補助金を受けれるかどうか判断されます。
家の老朽化がひどい場合は「景観を保つため」や「不法投棄や害虫の発生を防ぐため」などの理由から補助金が支払われることがあります。
長期間人が住んでいなかったり特定空き家と認定されていたりすると補助金受給対象になりやすいです。
このような場合、放火や犯罪に利用されやすく周辺環境に悪影響を及ぼす懸念があるため、リスク回避のために補助金制度が確立されました。
受給できる補助金の種類は下記のとおりです。

  • 老朽危険家屋解体工事補助金
  • 危険廃屋解体撤去補助金
  • 木造住宅解体工事費補助事業

補助金は自治体の制度ですので要件や適用条件は家がある自治体に問い合わせて確認しましょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

家の解体費用で補助金を受ける際の注意点とは

注意点はいくつかあるので事前にチェックしましょう。

  • 補助金の申請は解体前におこなうこと
  • 申請から受給決定には審査があること
  • 補助金の受給は解体工事が終わってから

家の解体で補助金制度を知らないと、せっかくの制度を利用できないということになりかねません。
事前にどのタイミングで申請するか、解体工事はいつから取り掛かるべきかを確認してから解体するようにしましょう。
また、審査は申請してから長いと1か月ほどかかる場合があるので、解体を急いでいる場合は申請時に解体理由とあわせて伝えることが大切です。
解体する建物が制度の対象になっているかは自治体によって判断が異なるため、補助金が出る前提で解体工事を検討するのではなく、先に自治体に相談しておきましょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

家の解体費用は家屋の状態や条件によって補助金受給を受けることが可能です。
家を解体しないと周辺環境に悪影響を及ぼすリスクがあったり、特定空き家に指定されていたりすると受給対象になることがあります。
補助金申請は解体工事を始める前にすること、受給には時間がかかることを事前に理解しておくようにしましょう。
私たち「エヌビーホーム」は、千葉県外房エリアを中心に不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ご検討中の方はぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

08008081166

営業時間
9:00~18:00
定休日
毎週火曜日

売却査定

お問い合わせ