不動産売却前に水回りのリフォームはするべき?おすすめのタイミングとは?

2022-05-24

不動産売却前に水回りのリフォームはするべき?おすすめのタイミングとは?

不動産売却前にリフォームをすれば、売却に有利に働くのでしょうか。
とくに水回りは内見でも重視される方も多いので、リフォームが必要か悩むポイントですよね。
今回は不動産売買にご興味をお持ちの方に向けて、水回りのリフォームのタイミングやポイント、注意点についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却前に水回りのリフォームはするべき?費用の相場は?

不動産売却前のリフォームは、実際のところおすすめではありません。
なぜなら、かかったリフォーム費用を回収しにくいためです。
とくに高額になりやすいのが水回りのリフォームで、費用相場はキッチンが約100万円~150万円、浴室が約100万円前後、トイレは約20万円~50万円です。
これらをすべてリフォームして数百万円かかったとしても、売却金額に上乗せすることは難しいでしょう。
また、せっかくお金をかけてリフォームしても、購入者の好みと外れていると、かえって売れにくくなることもあります。
水回りの劣化や汚れが気になる場合、不動産売却前はリフォームよりもクリーニングがおすすめです。
クリーニングであれば水回りをすべておこなっても10万円以下で実施できるので、費用対効果が高いです。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

中古物件購入後に水回りのリフォームをする場合のコツとは?

次に中古物件購入後の水回りのリフォームのポイントをご紹介します。
水回りのリフォームをする場合、まずは設備の劣化具合をチェックしましょう。
水回りの設備は新築と比較すると、見た目や性能だけでなく掃除やメンテナンスのしやすさが異なります。
新しい設備は汚れや傷がつきにくいので、掃除も格段に楽になります。
水回りのリフォームは、キッチン、お風呂、トイレをまとめておこなうことで、工事費がお得になることもあります。
お風呂のリフォームをする場合は、給湯器も一緒に交換すると効率が良いでしょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

水回りのリフォームをするときのポイントと注意点

最後に、物件購入後に水回りのリフォームをする場合の注意点をご紹介します。
まず、リフォームは思ったよりも費用がかかってしまうので、中古物件を購入する際に予算を立てておくことをおすすめします。
キッチンのレイアウトを変えたい場合は、建物の構造からどこまで可能かをチェックしましょう。
キッチンはL字型やI字型などありますが、排水と排気設備の位置によっては希望のレイアウトが難しいこともあります。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

この記事では、不動産売却前のリフォームの必要性と物件購入後の水回りのリフォームのポイントと注意点をご紹介しました。
水回りのリフォームは高額な費用がかかるため、実施のタイミングを見極めることが重要です。
中古物件を購入後にリフォームをおこなう場合は、リフォームの予算をあらかじめ資金計画にいれておくと良いでしょう。
私たち「エヌビーホーム」は、千葉県外房エリアを中心に不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ご検討中の方はぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

08008081166

営業時間
9:00~18:00
定休日
毎週火曜日

売却査定

お問い合わせ