不動産の任意売却とはなに?メリットや売却までの流れをご紹介!

2022-05-17

不動産の任意売却とはなに?メリットや売却までの流れをご紹介!

不動産売却を検討している方のなかには、不動産の任意売却について知りたい方もいるかと思います。
ここではそんな方に向けて任意売却とはなにか、任意売却で不動産を売却するメリットやデメリット、任意売却をする際の流れについてご紹介していきます。
千葉県外房エリアで任意売却をご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産の任意売却とはなにか

不動産の任意売却とは何かわかりやすく言うならば、住宅ローンの返済が困難となった際に債権者と協議をしたうえで抵当権を抹消して、不動産を売却する方法のことです。
任意売却での売却方法の特徴は、債権者が競売によって強制的に不動産を売却するのではなく、不動産の所有者である債務者の任意で売却されることです。
また離婚のタイミングでの不動産売却を検討中で、売却してもオーバーローン状態になる不動産を所有している場合には、離婚前に任意売却をすることがおすすめです。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産を任意売却で売却するメリットやデメリット

不動産を任意売却で売却するメリットは、以下のとおりです。

  • 自分の意志で売却することを決められるので、精神的負担を軽減できる
  • 引っ越しをせずに、そのまま自宅に住み続けられる可能性がある
  • 債権者と返済について話し合えるため、住宅ローン残債を分割払いしたりと、無理なく返済していける
  • 税金の差し押さえや管理費や修繕積立金などの滞納があった場合に、滞納額を控除してもらえる可能性がある
  • 同意のもとでの売却のため、債権者との交渉次第で売却金から引っ越しなどの費用を賄えることがある
  • 一般市場の相場と近い価格で売却することができるので、競売よりも有利な条件での売却となる

不動産を任意売却で売却するデメリットは、以下のとおりです。

  • 個人信用情報機関に事故情報として記録されることになり、これはブラックリストに載ることを意味している
  • 住宅ローン滞納による滞納記録が消去されるまでは、ローンを組むことができなくなる
  • 任意売却は住宅ローン返済のためにおこなうので、売却で得たお金は全て返済に充てられ手元に残らない

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産を任意売却する時の流れ

不動産を任意売却する時の流れとしてはまず、価格査定とローン残高の確認をしてオーバーローンとアンダーローンのどちらに該当するのかを確認します。
そして、債権者に任意売却の同意を得て売却活動を開始します。
任意売却の売却活動は通常の売却とそれほど内容は変わらないものの、できるだけ早い期間で売り切ることが重要となります。
買主が見つかったら売買契約の締結、代金決算、抵当権の抹消をして、物件の引き渡しとなります。
任意売却で得た売却金でローンを返済してもなお残債が残る場合、それらの返済が始まります。
支払い方法は分割返済となることが一般的で、債務者の経済状況を加味した返済額を設定してもらえることが多いです。

\お気軽にご相談ください!/

まとめ

不動産の任意売却とはなにか、メリット・デメリットと売却する時の流れについてご紹介してきました。
任意売却なら、競売よりも精神的負担を軽減させた、自分の意思による売却が可能です。
住宅ローン返済が難しくなった場合は、早めに任意売却を検討しましょう。
私たち「エヌビーホーム」は、千葉県外房エリアを中心に不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ご検討中の方はぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

08008081166

営業時間
9:00~18:00
定休日
毎週火曜日

売却査定

お問い合わせ