不動産を売却する際にリフォームは必要?不動産の価値を上げる方法もご紹介

2022-09-13

不動産を売却する際にリフォームは必要?不動産の価値を上げる方法もご紹介

不動産の価値を高めるために、売却前にリフォームを検討する方も少なくありません。
リフォームには費用がかかるため、本当にするべきなのかを見極める必要があります。
この記事では、不動産売却前のリフォームが必要なケースと、リフォーム以外の方法で不動産の価値を高める方法をご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産を売却する前にリフォームが不要な理由

一般的に、不動産売却前のリフォームは不要と言われています。
リフォームをすることで、物件の見た目が良くなり、購入を希望している方に良い印象を与えることはできます。
しかし、リフォーム代金を売却価格に上乗せすることになり、売却価格が相場よりも高くなるかもしれません。
いくら見た目がきれいでも、買い手がなかなか付かないおそれがあります。
また、不動産を購入後に自分好みにリフォームしたいという方も多数います。
そのような方によってリフォーム済みの物件は、購入の対象から外れてしまいます。
不動産売却前にリフォームをすることで、不動産売却が長引いてしまうこともあるのです。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産を売却する前にリフォームが必要なケース

不動産売却前のリフォームは基本的に不要ですが、汚れが目立ちやすい箇所や不具合のある設備などは、リフォームが必要です。
たとえば、水回りは汚れが付きやすくカビも発生しやすいため、内覧に備えてリフォームするのがおすすめです。
また、故障した設備を放置せず、修繕または撤去します。
床や壁紙などに大きな傷や汚れがある場合も、リフォームしたほうが良いでしょう。
大がかりなリフォームではなく、自分で修繕したりハウスクリーニングをしたりするのも1つの方法です。
内覧での印象が悪くなりそうな個所は、事前にリフォームや修繕することをおすすめします。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

売却前に考えたい!リフォーム以外で不動産の価値を高める方法

リフォーム以外の方法で、不動産の価値を高めることができます。
たとえば、インスペクションを受けることで、建物の状態を証明することができます。
インスペクションとは、専門家が建物の欠陥や劣化の状態を調べる、住宅診断のことです。
建物が高い水準にあることを証明できれば、買主は安心して不動産を購入することができます。
インスペクションの結果次第では、相場よりも高く売却できるケースもあります。
また、大がかりなリフォームをしなくても、内覧時の印象をよくすることも可能です。
掃除や庭の手入れなど、必要最低限の手入れをするだけで、内覧時の印象が変わります。
築年数が経過した古家の場合、解体して更地にしてから売却したり、買取で売却したりするのも1つのです。
まずは不動産査定を受けて、どれくらいの価格で売却できるのかを知ることが大切です。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

不動産を売却する前にリフォームをおこなうことで、内覧時の印象が良くなります。
ただし、リフォームをしたからと言って、必ずしも買い手がすぐに見つかるとは限りません。
リフォームが必要かどうか、リフォーム以外の方法で買い手を早く見つける方法はないかなど、不動産売却に関するご相談は、弊社にお問い合わせください。
私たち「エヌビーホーム」は、千葉県外房エリアの茂原市、大網白里市、東金市、いすみ市を中心に不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ご検討中の方はぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

08008081166

営業時間
9:00~18:00
定休日
毎週火曜日

売却査定

お問い合わせ