不動産買取と仲介の違いは何?メリットとデメリットをご紹介

2022-09-20

不動産買取と仲介の違いは何?メリットとデメリットをご紹介

不動産売却を検討している方は、できるだけ早く売って売却活動を終了したいと思われていることでしょう。
そんなときにおすすめの方法が買取ですが、仲介とどのような違いがあるのでしょうか。
この記事で解説していくので、千葉県外房エリアで不動産売却を検討している方はぜひ最後までご覧ください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産買取と仲介の違いとは?

不動産買取と仲介の違いは、大きく分けて2つです。
まず、買主が違います。
買取は不動産会社、仲介は個人の顧客が買主になります。
次に、売却手続期間ですが、買取は早めに完了しますが、仲介は一から購入希望者を探すので、買主が見つかるまで長くかかります。
買取は、不動産会社が直接買い取るので、早めに手続きが完了すると覚えておきましょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

仲介と比較した不動産買取のメリットとは?

不動産買取の最大のメリットは、短期間で売却活動が完了することです。
仲介の場合、買主が決まるまで活動が完了しないので、早期売却を目指したい方におすすめします。
また、契約不適合責任(旧:瑕疵担保責任)がないことも買取のメリットです。
建物に瑕疵が見つかった場合、仲介は売主が契約不適合責任を負うことが一般的ですが、買取の場合の多くは免責されます。
さらに、近隣に知られずに売却活動できることもメリットが大きいといえます。
仲介では、不動産会社の広告で売却することが近隣に知られてしまいますが、買取は不動産会社が相手なので知れ渡る心配がありません。
買取には、仲介と比較して上記のメリットがあります。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

仲介と比較した不動産買取のデメリットとは?

不動産買取のデメリットは、売却価格が低くなりがちなことです。
仲介に比べると、70~80%の価格になることが一般的なので、高い価格で売りたい方には不向きかもしれません。
これは、買い取った不動産会社が不動産を再度販売することが前提のため、利益が考慮され価格が下がってしまうのです。
また、どの物件でも買取可能ではなく、なかには買取できない場合があることもデメリットとなります。
具体的には、築年数が古く大規模なリフォームが必要になってくると、利益を見込むことが難しいため、買取できない場合があるのです。
せっかく買取を期待していても、断られてしまう場合があります。
このようなデメリットがあるので、買取を考える際に参考にしてみてください。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

買取と仲介の違いや、メリット・デメリットについて解説しました。
不動産を買い取りしてもらうと、仲介よりも早く売却できるので、ぜひ検討してみてください。
私たち「エヌビーホーム」は、千葉県外房エリアを中心に不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ご検討中の方はぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

08008081166

営業時間
9:00~18:00
定休日
毎週火曜日

売却査定

お問い合わせ