築30年の家には価値がある?売れやすい家の条件や売却方法も解説!

2023-03-28

築30年の家には価値がある?売れやすい家の条件や売却方法も解説!

一般に一戸建ては築年数が経過するほど資産価値がなくなり、売却しにくくなります。
築30年の家を売却したいと考えているものの、はたして買い手が見つかるかどうか不安に感じている方もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、築30年の家の資産価値はどのくらいなのか、売却するにはどうしたら良いのかについて解説します。

\お気軽にご相談ください!/

築30年の家の資産価値はどのくらい下がる?

建物には構造ごとに耐用年数が定められており、木造の一戸建ての場合は築22年を超えると建物の資産価値がほぼゼロとなります。
そのため、築30年の木造の家を売却しようとしても、土地の価格だけで取引されることになるでしょう。
また、1981年以前に建てられた家は現行の耐震基準を満たしていない可能性が高いため、売りに出しても買主が見つかる可能性は低いといわざるを得ません。
一方、築年数の古い家のなかには土地の境界が確定されていないケースがある点に注意が必要です。
境界が未確定の場合は隣人トラブルに発展しやすいので、より売却が難しくなります。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

築30年でも売却しやすい家の条件

築30年の家であっても、決して売却できないわけではありません。
たとえば築年数の古いマンションの場合、都市部で人気のあるエリアに建っていたり、駅に近く周辺に商業施設が充実していたりするときには比較的早く買い手が見つかることがあります。
一方、近年は古民家をリノベーションして住みたいと考える方が増加傾向にあるため、築30年の一戸建てでも建物の状態や土地の形状などの条件次第では早期売却が期待できるでしょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

築30年の家を売却する方法

建物や設備の状態が悪い築30年の家の場合は、古家付き土地として売却する方法があります。
古家付き土地とは中古住宅ではなく「土地」として売る手法のことで、売主が解体費用を負担せずに済む点がメリットです。
中古住宅を探している方、土地を購入して新築の家を建てたいと考えている方の両方にアプローチできるので、より早く売れる可能性があります。
またホームインスペクションを実施し、プロの目から家の劣化状況や不具合の有無を調査してもらってから売り出す方法もおすすめです。
ホームインスペクションの結果、家の構造に問題がないことが判明すれば、買主も安心して購入に踏み切れるでしょう。
一方、内装や水回りなどをリフォームしてから売却する方法もありますが、設備を一新したところで売却できるわけではありません。
リフォーム費用が無駄になってしまう恐れもあるので、リフォームをするかどうかは不動産会社に相談してから決めることをおすすめします。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

築30年を超えると木造一戸建ての建物の資産価値はなくなりますが、建物の状態によっては売却できることもあります。
あまりにも建物や設備の劣化が著しい場合は、解体やリフォームをおこなう前にまず「古家付き土地」として売り出すことを検討しましょう。
私たち「エヌビーホーム」は、千葉県外房エリア(茂原市、大網白里市、東金市、いすみ市)を中心に不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ご検討中の方はぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

08008081166

営業時間
9:00~18:00
定休日
毎週火曜日

売却査定

お問い合わせ