空き家を賃貸に出すメリット・デメリットとは?注意点についても解説

2022-12-06

空き家を賃貸に出すメリット・デメリットとは?注意点についても解説

空き家を所有している方のなかには、賃貸に出して上手く活用したいと考えている方も多いでしょう。
空き家を賃貸に出すのであれば、メリットとデメリットの両面に着目し、注意点を押さえて検討することが大切です。
ここでは、空き家を賃貸に出すメリット・デメリットについて、注意点とあわせて解説します。

\お気軽にご相談ください!/

空き家を賃貸に出すメリットとは

空き家を賃貸に出す最大のメリットは、家賃収入が得られることです。
全国宅地建物取引業協会連合会の調査によると、千葉市の戸建賃貸の年間家賃収入は約115万円です。
月に約10万円の収入が見込めるため、資金や気持ちのゆとりが生まれるでしょう。
また、空き家を賃貸に出すと、不動産を手放さずに済みます。
そのため、将来的に家族が住んだり、資産価値が上昇したタイミングで売却したりすることが可能です。
さらに、空き家のメンテナンスの手間が省けることも、賃貸に出すメリットの1つです。
空き家は老朽化が進みやすいため、こまめに管理しなくてはなりません。
賃貸物件として誰かが住むことで、自分で管理する手間を減らすことができるのです。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

空き家を賃貸に出すデメリットとは

空き家を賃貸に出すと、入居者とのトラブルが発生するかもしれません。
家賃の滞納や近隣住民との揉めごとなどトラブルの種類は多岐にわたり、家主としての対応に追われることになります。
また、退去後にクリーニングやリフォームなどをおこなわなくてはならないことも、デメリットの1つです。
想定外の修繕が必要になるなどして、敷金や礼金では補えないほどの修繕費がかかるケースもあります。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

空き家を賃貸に出すときの注意点とは

空き家を賃貸に出す際の注意点として、空室リスクを想定した賃貸経営が必要なことが挙げられます。
空室が発生すると家賃収入がなくなるうえ、入居者募集の広告費用が必要になります。
そのため、事前に入居者の募集方法や空室時の対応を考えておきましょう。
また、空き家を賃貸に出す前には、リフォームやリノベーションなどが必要です。
リフォームやリノベーションには多額の費用がかかるため、初期費用をしっかり計算したうえで計画をすすめましょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

空き家を賃貸に出すと、家賃収入が得られたり不動産を手放さずに済んだりと、多くのメリットを得られます。
しかし、空室が発生した場合は収入がなくなってしまうため、事前に対策を考えておきましょう。
空き家を賃貸に出す際には、コストや入居者の募集方法についてしっかりと確認することをおすすめします。
私たち「エヌビーホーム」は、千葉県外房エリア(茂原市、大網白里市、東金市、いすみ市)を中心に不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ご検討中の方はぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

08008081166

営業時間
9:00~18:00
定休日
毎週火曜日

売却査定

お問い合わせ