不動産売却はローン残債があっても可能?売却方法や注意点をご紹介

2022-12-19

不動産売却はローン残債があっても可能?売却方法や注意点をご紹介

多くの方は不動産の購入時に住宅ローンを利用し、完済してから不動産売却をおこないます。
しかし、なんらかの理由で不動産を急遽手放さなくてはならないケースもあるでしょう。
ローン残債がある状態の不動産売却は可能なのでしょうか。
そこで、今回は千葉県外房エリアで不動産売却を検討している方に向けて、ローン残債がある状態の不動産売却に必要な抵当権抹消や売却方法、注意点についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

ローン残債のある不動産売却において必要な抵当権抹消とは

抵当権とは、住宅ローンを借りる際に、金融機関が不動産を担保として設定する権利のことです。
返済が滞った際に、対象不動を売却した代金から金融機関が優先的に弁済を受ける権利をもちます。
この抵当権はローン残債を完済することで抹消することができます。
そのため、ローン残債が残っている状態で不動産売却をおこなう場合は、自己資金や売却で得た利益によって完済し、抵当権抹消する必要があります。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

ローン残債がある家を不動産売却する方法と流れ

ローン残債がある家を不動産売却するときは、主にローン残債を一括返済する方法があります。
不動産売却の流れは以下のとおりです。

  • 査定価格とローン残債を確認する
  • 売却活動を開始する
  • 売買契約を結ぶ
  • ローン残債を一括返済する申込をおこなう
  • 不動産の決済・引き渡す

不動産売却によってえられる金額がローン残債より高い場合、売却代金でローンを完済することが可能です(アンダーローン)。
一方、ローン残債の金額のほうが高いオーバーローンの場合は自己資金も利用して返済しなければいけません。
また、「リースバック」という不動産を所有から賃貸物件に変える仕組みを利用することができます。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

ローン残債がある家を不動産売却するときの注意点

ローン残債がある家を不動産売却したいときの注意点は住み替えの進め方です。
住み替えの進め方には、不動産売却後に新しい家を購入する「売り先行」と新しい家を購入した後に不動産売却をおこなう「買い先行」があります。
ローン残債がある場合は、売却する家と購入する家の引き渡しの日程の調整がしやすく、売却活動に集中できる「売り先行」で進めることが重要です。
また、購入から築年数が経過しているほど売却金額に影響を与える点も注意しましょう。
予想よりも査定価格が低くなって焦らないように、不動産売却を検討している時点で、専門知識を豊富に持つ弊社にお気軽にご相談ください。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

ローン残債がある家を不動産売却する際は、通常と違った売却方法や流れ、注意点があります。
売り先行の進め方で住み替えをおこない、妥協せずに不動産売却をおこないましょう。
私たち「エヌビーホーム」は、茂原市、大網白里市、東金市、いすみ市などの千葉県外房エリアを中心に不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ご検討中の方はぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

08008081166

営業時間
9:00~18:00
定休日
毎週火曜日

売却査定

お問い合わせ