不動産売却の注意点とは?離婚や媒介契約でトラブルのない売却をするには?

2022-07-05

不動産売却の注意点とは?離婚や媒介契約でトラブルのない売却をするには?

結婚後に購入した不動産は離婚する際に財産分与の対象になりますので、夫婦で不動産をどうするか話し合わないとトラブルになることもあります。
この記事では離婚における不動産売却の注意点について解説しています。
千葉県外房エリアで不動産売却をご検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

離婚で不動産売却する際の注意点とは?

そもそも離婚をすると財産分与をする必要があり、財産分与の対象となる資産は不動産や車、家財道具、株式などの結婚後に協力して築いた資産です。
親からの相続や贈与については、財産分与の対象にはなりませんので注意しましょう。

注意点①共有名義

最近では不動産を購入する際に夫婦で共有名義とする場合もありますが、離婚後も共有名義とするのは避けるべきです。
相続が発生すると相続人が増え複雑にな流ため、不動産売却などの同意を得ることが難しくなります。
もしどちらかが不動産に住み続けるなら名義変更をしたほうが良いでしょう。

注意点②不動産売却

不動産の財産分与には、不動産売却で現金化して分割する方法と相手の持分を買い取る方法がありますが、買い取るには相応の資金力が必要になるので、現金化して分割する方法が一般的です。
離婚後に不動産売却をすると話し合いが必要になるため、一般的に不動産売却するなら離婚前におこないます。
とくに不動産価格よりローン残債のほうが多いオーバーローンの場合、売却するには金融機関の同意が必要です。
通常の不動産売却より手間や協議が必要になるので、離婚後に売却するとなるとトラブルに発展する可能性が高くなるので注意しましょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却における媒介契約の注意点とは?

不動産売却には、さまざまな注意点がありますので確認しておきましょう。

注意点①媒介契約

媒介契約には、一般媒介契約と専任媒介契約、専属専任媒介契約の3種類があります。
一般媒介契約は不動産会社複数社と契約できるのに対し、専任媒介契約と専属専任媒介契約は不動産会社1社と契約します。
専任媒介契約と専属専任媒介契約の違いは、専属専任媒介契約は売主が買主を探し取引することができません。
専任媒介契約と専属専任媒介契約は、不動産会社と二人三脚で売却活動をおこなうので早く売却できる傾向があります。

注意点②仲介と買取

不動産売却には仲介以外に買取もあり、離婚などで早く不動産売却をしたいという方は買取も検討してみましょう。
買取は仲介手数料が掛からず、短期間で売却することができ、さらに売却後の契約不適合責任が免除されるというメリットがありおすすめです。
千葉県外房エリアで不動産売却をご検討されている方はぜひ弊社までご相談ください。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

離婚で不動産を財産分与するなら、早めの売却がおすすめです。
注意点をきちんと理解し、トラブルのない不動産売却を進めましょう。
私たち「エヌビーホーム」は、千葉県外房エリアを中心に不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ご検討中の方はぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

08008081166

営業時間
9:00~18:00
定休日
毎週火曜日

売却査定

お問い合わせ